読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンダイ キャンディ スタッフ BLOG

バンダイの食玩・お菓子・食品etc… “バンダイ キャンディ”の開発スタッフによる公式ブログです。開発担当者が交代で更新予定です。      ※このページでは、記載内容・商品等に関するお問い合わせは受け付けておりません。ご了承ください。

バンダイの食玩・お菓子・食品etc… “バンダイ キャンディ”の開発スタッフによる公式ブログです。

戦う理由の数だけ、カードがある! 神羅万象チョコ 新章「流星の皇子」発売!

 こんにちは!

カード付きウエハース「神羅万象チョコ」の開発担当です。

昨年12月の「神羅万象チョコ 傑作選」の記事以来となり緊張気味です…。あれからもう3ヵ月、あっという間ですね。

ついに、この日がやってきました…!

 

  本日、3月13日(月)は…

「神羅万象チョコ」の最新章「流星の皇子」の発売日なのです!!

f:id:candywrite:20170313094218j:plain

 全国のお菓子売り場に、こんなカッコいいパッケージが並んでいるはずです!

 

■神羅万象チョコとは…?

シリーズをご存じない方のために、簡単な紹介をさせていただきます。

 

神羅万象チョコは、サクッとおいしいウエハースチョコに、かっこいいプラカードが付属した食玩。カードを集めて、表面に描かれたイラストと、裏面に書かれた情報を読み解くことで、オリジナルのストーリーが完成します!

2005年に第1章を発売して以来、1年毎にさまざまなテーマの物語を展開してきました。 本日、その最新作である「流星の皇子」が発売となったのです!ちなみに、第1章の発売日は12年前の3月14日。偶然が重なって、今回の弾は、ほぼ第1章と同じ日に発売されることとなりました! 

 

「流星の皇子」では、11章&12章で展開していた【新世界】の物語から一旦はなれて、新たなる舞台【仙界】での物語が始まります。 世界観やキャラクターは、「公式ポータル」をチェックしてみてください!


「流星の皇子」は、新しい舞台で、新しい主人公たちが活躍する新章なので、今回から神羅万象チョコを知った方でも、過去シリーズの知識なしで100%楽しめる物語となっております!

 なお、すでに「流星の皇子」第1弾のカードを楽しんでからこの記事にたどり着いた方は、ぜひ公式ポータルのカードアーカイブ「神羅無限書庫」も見てみてください!「地上界」「魔界」「天界」「ソロモン大陸」…これまでに登場した様々な異世界の住人が、あなたを待っています!

f:id:candywrite:20170313095702j:plain

 http://shinrabansho.com/archive/entrance.html

 

 

 

■原点回帰した世界観

 「流星の皇子」では、神羅万象チョコの原点である「第1章」のエッセンスをいくつか取り入れています。

たとえば、四聖獣のモチーフや紋章、種族ごとに分かれた大陸、聖龍の王である若き主人公…。当時を思い返して、懐かしいと思ってくださるファンの方も多いのではないでしょうか。事実、そういったところから、新章に興味を持ってくれるといいなとも思っています! 

f:id:candywrite:20170313094824j:plain

▲聖龍、獣牙、飛天、鎧羅という懐かしの種族名も!

 

だが、しかし!

実際に完成した物語やキャラクターは、単なるリメイクやオマージュではありません!第1章とはまったく異なる歴史背景、キャラクターの思想、ストーリー展開となっており、まさに「新章」と呼ぶにふさわしい1弾となったのではないかと思っています。

 毎年新らしい内容に挑戦してきた「神羅万象チョコ」の名に恥じない、ワクワクするイラスト&ストーリーをお届けしていきます!!

 

 

■ウエハース、開封! 

今回のカードは全30種。

作画チームと、かつてないほど綿密なやりとりでデザインを進め、時間が許す限り修正を加え、納得のイラストばかりを収録できました。

 

本当は、すべてのカードを1枚ずつ並べて紹介したいのですが…。それだと、これから買って開封する方々の楽しみにを奪ってしまいますよね。

 そんなわけで、今回1袋だけ開封し、ご紹介したいと思います!!!

 個人的には、開封時に、なにがでるのかワクワクする瞬間が、神羅万象チョコの楽しみのひとつ!(むしろそこが一番の醍醐味!?) みなさんにも開封するときのような気持ちで見て頂けるように、GIF画像を作成しました。それでは、開封!

 …全30種のうち、ブログで紹介されるという栄冠をつかんだのは…

  

 

 

f:id:candywrite:20170313095228g:plain

 

「流星 04ゲツガ」でした!!

 青い体を持つ、美しい竜の霊獣です。ノーマルカードらしからぬ風格…! 裏面には「ストーリー1」が書かれており、今回の物語を読み解く最初のピースとなるカードでもあります。

  

そして、こちらがウエハースチョコ。チョコがしっかりサンドしてあり、おやつにぴったりです。

 f:id:candywrite:20170313115812j:plain

  

ウエハースを保護するトレーには、今回のラインナップのチェックリストが印刷されています。ぜひ当たったカードをチェックして、コンプリートを目指していただきたいです!

  

f:id:candywrite:20170313115953j:plain

 今当たった「ゲツガ」のマークは●とあります。ノーマルカードですね。

 

ちなみに、台紙にも書かれていますが、今弾では、なんとこの30種のうち4種には、アナザーver.が存在しています!

 アナザーver.は、通常ver.と比べて、キャラの表情・カードの素材などに違いがある、作り手の特別な想いがつまったカードです。見分け方は、カードの裏面をチェック。左下に★が付いているものが、アナザーver.です。もし当てられたら、ぜひ大切にしてくださいね!

  

さて、カードに戻ります! 裏面を見てみましょう。

 

f:id:candywrite:20170313095546g:plain

 

裏面も、きれいなフルカラー印刷です。情報をとにかくたくさん詰め込みつつ、ほかのカードと並べたときに読みやすいようデザインをリニューアルしました。以前のカードからは、印象がガラッと変わりました。 

最も大きな変化が、左上に入ったキャラクターのアップ。 表面よりも大きなサイズで、イラストの表情を楽しめます。

 さらには、2枚以上のカードを並べると、こんなカッコいい見え方に!

  

f:id:candywrite:20170313121828j:plain

 聖龍族の陣営。こうならぶと、壮観…!

 

また、今回から、左下に「ほかのキャラクターとの関係性」を表す矢印を追加しました。驚きの事実や、意外な関係が書かれていることも…?

 カード同士の関係性を読み解くという遊びは、神羅万象チョコを集める楽しみのひとつ! ぜひカードをそろえて、物語を完成させてくださいね!

 

 

■流星の皇子へかける想い

 

突然ですが、この記事のタイトルは「戦う理由の数だけ、カードがある!」でした。(ほとんどの方がさらっと読まれただけと思いますが。)

  これ、開発担当としては、今回13章「流星の皇子」で作りたい新章のコンセプトを、一言で表したキャッチコピーなのです。(すごくしっくりきたので、Youtubeにアップしているプロモーションビデオの中でも使っているくらいです…。)

http://shinrabansho.com/portal_movie.html

  

もう少しわかりやすい言葉をに変えると、「すべてのキャラクターが、それぞれの理由でなにかと戦っていて、不要なキャラクターは一人もいない。ある意味では、すべてのキャラクターが主人公」という事になるでしょうか。

 

全員がなんらかの「戦う理由」をもった、魅力的なキャラクターたち。

ラインナップするすべてのキャラクターが、皆それぞれの物語の主人公である。

「はずれ」など1体もおらず、どれが出ても「当たり」だと感じてもらえる全30種のカード。

 

そんなすごいコレクションカードを作ることを目指して、作画スタッフ&デザインスタッフとともに、気合を入れて新章を進めてきました。

 

すでに買ってくださったみなさまにとっては、いかがでしたでしょうか。新しい何かを感じていただけていると、うれしいです。長年支えて下さったファンの方からすれば、まだまだもの足りない部分もたくさんあると思いますので、 この先、2弾、3弾、4弾と、さらに進化させていくことをお約束します!

 

大きく生まれ変わった「神羅万象チョコ」の新章「流星の皇子」、 ぜひこの機会に、1弾から手に取ってみてください!!

 

 

 

 

■最後の最後に

 

現在、6月に発売予定の「流星の皇子 第2弾」を鋭意作成中です!

続報は公式ツイッターや公式ポータルで!!

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

・ 

 ・

 ・

 

f:id:candywrite:20170313122437j:plain

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

 (C)BANDAI・こどもの館

twitter.com

【食玩WEEKLYエグゼイドvol.28】ひと足お先に究極到達!!『装動STAGE7』特報スペシャル!

Vol.28:ひと足お先に究極到達!!『装動STAGE7』特報スペシャル!

 こんにちは!今週はライダー食玩の新アイテム発売が無いため、丸々『装動』の特集で行きたいと思います。テレビ本編が凄まじい盛り上がりを見せていますが・・・装動も番組と同様、ここからもう一段さらにギアを入れて新しいSTAGEへと突入していきます!早速ですが、本日は限定版の「STAGE765」「OPTION SET」に続く次のアイテム、「STAGE7」の情報をどーんと公開いたします!!

 

これまで以上に気合を入れまくった今弾のテーマは、ズバリ『99倍の衝撃‼︎』。最高にエキサイティングなそのラインナップを、いよいよ初披露させていただきます。

 

トピックその①:「すべてはここから始まった---。レベル1、待望の再録!」

f:id:candywrite:20170306191142j:plain

「STAGE1」で大人気だった「仮面ライダーエグゼイド アクションゲーマーレベル1」をついに再録いたします!現行作品を扱うシリーズの難しいところで、1弾の反応を見てからの再ラインナップ化は随分遅くなってしまいました・・・。お待たせしてしまった皆様、申し訳ございません。

その斬新すぎるフォルムに、番組が始まるまでは人気が出るかどうかも未知数だったレベル1。結果的には皆様が非常に深い愛を注いでくださり、ネットで装動のフィギュアで遊んでいただいている様子を見かけては、いつも温かい気持ちになっています。そんな感謝の想いを込めて、今回は「ガシャコンブレイカー」の両モードもおまけでお付けいたします!

エグゼイドのレベル1としてはもちろん、ボディはSTAGE5に含まれる「スナイプ(プロト)」や、次弾STAGE8での収録を予定している「ウィザードゲーマー」のレベル1再現用にも使えます!どうぞお見逃しなく。

 

トピックその②:「シミュレーションゲーマー、超迫力の立体化!」

スナイプが使役するバンバンシミュレーションのゲームキャラ「シミュレーションゲーマ」を本弾でついにラインナップ!

f:id:candywrite:20170306191216j:plain

ゲーマ状態ではその真価が分かり辛いかもしれませんが、スナイプに装着させた姿のカッコ良さは常軌を逸しています!こちらについては本日レビューしますので、詳細はこの後で・・・。ちなみに、STAGE7にはスナイプ アクションボディの再録もあります。こちらもダメ押しで「ガシャコンマグナム(ライフルモード)」のおまけ付きです。

 

トピックその③:「シリーズ最強にして最大!仮面ライダーエグゼイド マキシマムゲーマー覚醒!」

先に情報をご覧になった方はご想像いただけると思いますが、「エグゼイド マキシマムゲーマー」、とにかく破天荒にデカいんです。Jとアークに次ぐ勢いの巨大ライダーです。果たして「装動」は、この子を一体どのように商品化するのか・・・!!?

「適当なサイズにディフォルメ縮小されるんじゃないの?」「3分割ラインナップか?」「値段を上げてEX弾で商品化かも?」「可動を殺して固定フィギュアで・・・」色々な予想があるかと思います。が、実際はいずれも異なります。装動が出した結論は・・・

 

スケールを合わせつつ、定型通り2ラインナップで作ります!!

 

「アクションボディにクロスアーマーをセットする」というシリーズのコンセプトはそのままに、全高約13cmサイズのマキシマムゲーマーが堂々完成!!そのボリュームを確かめていただくべく、まずはレベル1との比較から見てみましょう。

f:id:candywrite:20170306190958j:plain

で・・・デカい!! 文字通り99倍のパワーアップを果たしたエグゼイドと同様、同じ商品シリーズには見えないほどの、一目瞭然のボリューム感です!可動フィギュアとして最もカッコいいスタイリングを妥協せず追求し、今実現し得る最高のマキシマムゲーマーを目指して作りました。

この巨体ながら、可動面でのスペックダウンも一切ありません。

f:id:bandaicandy:20170306190324j:plain

レベル2素体と変わらない、全身17箇所が可動!劇中同様・・・いやそれ以上にダイナミックかつフレキシブルなアクションを実現します。

「装動 仮面ライダーエグゼイド」シリーズは今後も続きますが、インパクトという点においては、コレがシリーズ最強だと断言できます。これまで装動シリーズには手を出していなかったお客様にも、心からおススメの1体です。

 

トピックその④・・・は、まだヒミツです!!

ここまでで全7種中の5種が公開になりましたが、残る2ラインナップはまだお見せすることが叶いません。一気に全てお伝えできないのはもどかしいですが、逆に言えばこれまでの「装動」の弱点でもあった、番組登場から商品発売までのタイムラグが解消されつつある証拠です!最後のトピックは4月のお披露目を予定。これも中々魅力的な仕上がりになっておりますので、楽しみにお待ちください。

 

いかがでしたでしょうか。『装動 仮面ライダーエグゼイドシリーズ』全体においても、この7弾は展開中盤の要と位置付けてフルスイングで開発しております。そんなSTAGE7から、本日はこのキャラクターをレビューします!

 

 ■装動STATION 『スクランブル!!発進、シミュレーションゲーマ』

f:id:candywrite:20160905224249p:plain

 ■シミュレーションゲーマ

f:id:candywrite:20170309172153j:plain

これまでのゲーマにあった愛らしい瞳やキャラクターらしさをあえて排除したような、メカメカしい佇まいのシミュレーションゲーマ。特徴的な甲板の戦闘機群も、非常に高い精度で造形しています。

f:id:candywrite:20170309172724j:plain

身内の仕業ながら、初めて原型が上がって来たときは「この設計した奴絶対頭おかしい(誉め言葉)」と心底思いました。

ディティールが複雑すぎるあまり、パーツ数も半端ではありません。 変形後のボリュームを考えると肉抜きまみれでもおかしくないのですが、背面や底面にも造形が密集しています。

f:id:candywrite:20170309173049j:plain

振り返ると丁度シリーズ1・2弾の好調を受けた時期の開発作業だったので、スタッフ一同非常に高いテンションで作っていたことが伺える、熱のこもった一品になっています。

 

では早速、スナイプと合体してみましょう。スクランブルだ!出撃だ~!!

 

■仮面ライダースナイプ シミュレーションゲーマーレベル50

f:id:candywrite:20170309173128j:plain

カ・・・カッコいい・・・。。。

冷静に見ると帽子被ってたり上半身の重装備度合がハンパ無かったりと結構ユニークな要素もあるデザインですが、この得も言われぬ迫力の前にはカッコいい以外の感想が浮かぶ暇もなく心を奪われてしまいます。

f:id:candywrite:20170309183423j:plain

さて、装動版シミュレーションゲーマーの魅力はこの迫力あるスタイリングだけではありません。何よりもお伝えしたいのは、これだけの重装備でありながら、アクションボディの可動域が全く阻害されないことです!

f:id:candywrite:20170309183533j:plain

先述の通りとにかくパーツ数が多い恩恵で、あらゆる部品が可動しまくります。そのため各部の砲身、銃口を自在に動かすことができ、あらゆるポーズに対してクリアランスを確保させてくれるのです。

f:id:candywrite:20170309183737j:plain

これにより、グッとパーツ密度を高めた「静」の素立ちも

f:id:candywrite:20170309183817j:plain

ゾルダのファイナルベント、エンドオブワールドを彷彿とさせる「動」な一斉射撃ポーズも可能になっています。

f:id:candywrite:20170309183857j:plain

う~ん、やっぱりSTAGE7はたのしいっ!!手元でいじっているだけで脳汁が抑えきれません。発売はもう少し先になりますが、皆様、是非GETして遊び倒してください!!

 

 ●今週の小ネタ●

これだけ遊べるスナイプレベル50ですが、先月発売の児童誌を開いて一番衝撃を受けたのが「このポーズ」。

f:id:candywrite:20170309183934j:plain

両手の甲板は逆手持ちがデフォルトなので、装動では元々このような持ち方はできるようになっていませんでした。

「あくまで児童誌向けの特写か・・・!?」とも考えつつ、もし本編でこのポーズを取ってしまったらと思うと、もはや夜も眠れません。。既に作り始めていた金型に途中で手を加え、再現できるように調整しました。

エグゼイドはとびきり心躍る(裏を返せば予想を越える)演出が多いため、次回予告や児童誌を見るのは毎回最大の楽しみであると同時に、とっても怖い瞬間だったりします。笑

その分、思いがけない『よっしゃラッキー!』が降ってくることも。

STAGE4の発売直前にファンタジーゲーマーがバグスターウイルスを召喚しまくったり、STAGE5の発売月にダブルアクションゲーマーがスポーツゲーマに乗ったりしたのは、出来過ぎのようですが完全なる偶然です。現行シリーズならではのこのドキドキ感・・・、私もほとんど皆様と同じ目線で「エグゼイド」をエンジョイしています!早く来週の日曜日になってほしい!

 

続々立体化進行中!<装動>シリーズは毎月展開!

【一般販売商品】

『装動 仮面ライダーエグゼイド STAGE5』(全7種・各380円)は、328()発売!

『装動 仮面ライダーエグゼイド STAGE6』(全7種・各380円)は、425日(火)発売!

『装動 仮面ライダーエグゼイド STAGE7』(全7種・各380円)は、5下旬発売!

※「STAGE1~4」は好評発売中です。店舗によっては、売り切れ等により販売を終了している場合があります。

【プレミアムバンダイ限定商品】

『装動 仮面ライダーエグゼイド STAGE765』(税込2,592円)は、好評予約受付中!

『装動 仮面ライダーエグゼイド OPTION SET』(税込1,999円)は、好評予約受付中!

※2種同時購入セット(税込4,591円)も 予約受付中です!

 

f:id:candywrite:20170219020008j:plain 

f:id:candywrite:20170219015948j:plain

f:id:candywrite:20170219020003j:plain

■仮面ライダー食玩 3~5月発売スケジュール

 

3月21日(火)「仮面ライダーエグゼイド ラクラクモデラー4th」

3月28日(火)「装動 仮面ライダーエグゼイド STAGE5」

4月4日(火)「SGライダーガシャット02」

4月11日(火)「エキサイトリンク エグゼイドアームズⅡ」

4月25日(火)「装動 仮面ライダーエグゼイドSTAGE6」

5月2日(火)「SGライダーガシャット03」

5月9日(火)「仮面ライダー ブットバソウルラムネ2」

5月下旬「SGライダーガシャット04」

5月下旬「装動 仮面ライダーエグゼイド STAGE7」

「食玩 WEEKLY エグゼイド」のバックナンバーはこちら!

  f:id:bandaicandy:20161216162739p:plain

仮面ライダー食玩の最新情報はココ!

f:id:bandaicandy:20161216162840p:plain

 

「装動」シリーズはココもチェック!

www.bandai.co.jp

(C)2016 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

 

※各画像は開発中のサンプルを撮影したものです。実際の商品とは多少異なりますのでご了承ください。

※発売日等は予告なく変更になる場合があります。

 

 

ついに9人のキュウボイジャーが勢揃い!ミニプラ02 キュウレンオー2 レビュー

こんにちは。

スーパー戦隊食玩担当のN西です。

ミニプラ第1弾のキュウレンオーが発売になり、販売的に非常に好調なスタートを切ることができました。

「よっしゃ、ラッキィー!」ということではなく、共感していただき、ご購入いただいた皆様のお陰です。

改めてこの場をお借りしてお礼を申し上げたいと思います。

たくさんのご愛顧、本当にありがとうございました。

特にセット売りの販売が好調で、このセット売りという販売方法は皆様に喜んでいただけたのかなと思っております。

結果が良かったことを受けて、セット販売は今後も継続が決定しました!

こうやって皆様の声を聞きながら今後も商品開発を進行していきたいと思いますので、引き続きドシドシご意見を頂けますと幸いです。

 

今回はそんなミニプラの第2弾「ミニプラ キュータマ合体シリーズ02 キュウレンオー2(3/14発売)」のご紹介をさせていただければと思います。

今回もまた長くなってしまいました…。

  

f:id:candywrite:20170309215545p:plain

 

キュウレンジャーの話を最初に聞いた時にキュウボイジャーを9体一気に販売するか、2弾分に商品を分けるか究極に悩みました。

よくよく検討を重ねた結果、ミニプラというブランドに期待されているクオリティを守るために二つの商品に分けさせていただくことにしました。

9体一気販売をするとなるとミニキュータマのクリアや現状のサイズ・色分けは夢のまた夢でした…。

なので全員揃うのが少し遅れてしまいましたが、第2弾も気合と愛情を込めて開発しましたので、どうかご容赦いただければと思います。

それではレビュースタートです。

 

 

●パッケージ 

f:id:candywrite:20170309215742j:plain

去年の反省で「ロボが同じようなポーズでパッケージの正面にいると、各弾ごとに見分けがつきづらい(=探しづらい)」ということがありました。

今年はその反省を活かして、ユーザーの皆様やお店の方が少しでも商品を探しやすくなるように、背景色やロボのポーズを1弾とできる限り変えました。

f:id:candywrite:20170309215801j:plain

左が1弾のもので、右が2弾のものです。

併売しているお店もあると思うので、よく見てご購入ください。

 

ちなみにセット箱はこれです。

f:id:candywrite:20170309215903j:plain

 

 

●ランナーとシール

シシボイジャーA

シシボイジャーB

シシボイジャーは1弾と同型を流用していますので、画像は省略します。

 

サソリボイジャー

f:id:candywrite:20170309220111j:plain

尻尾の先の青のための金型があります。

できればシールにしたかったのですが、 パーツの形状的にシールを貼りづらいし貼ってもすぐに剥がれてしまうということが明確だったので、ここは気合の入れどころだと思い、がんばりました。

他に同じ色のパーツがない、パーツよりもランナーの方が重量が重いという恐ろしい非効率さですが、この部分には我々開発スタッフのミニプラ魂を感じてもらえると嬉しいです。 

 

テンビンボイジャー

f:id:candywrite:20170309220137j:plain

 

ヘビツカイボイジャー

f:id:candywrite:20170309220250j:plain

人型になりつつ手足になる時に複雑な変形をするテンビンとヘビツカイはパーツ数が多いです。

箱がパンパンです。 

 

ワシボイジャー 

f:id:candywrite:20170309220313j:plain

かなり細かく色分けしました。

クリア含めて成形色が5色あります。

キュウレンオー合体の取説はワシに入っています。 

 

 

●素組み(左)と完成(右)

シシボイジャー

商品会議の時に上司から「1弾全種を持っている人が2弾も全種買う場合に2個目になるシシボイジャーにも何か嬉しい要素があるようにできないの?少しでもいいからさ」と言われ、最初「またまたそんなご無体な…」と思いつつも「…確かに正しい」と思い直しました。

そしてそういえばDXの方もキュウレンオーとセイザブラスターのシシキュータマは浮かび上がる絵柄を変える努力をしていたことを思い出して、ミニプラもせめてミニキュータマの絵柄を変えることはやろうという運びになりました。

ロボに合体した時に表面に来る側のシールが1弾と2弾で違います。

f:id:candywrite:20170309220431j:plain

左が1弾のもので、右が2弾のものです。

 

サソリボイジャー

f:id:candywrite:20170309215935j:plain

サソリボイジャーは上記の尻尾の青成形色の他にも『脚と脚の隙間を空ける』ということにもこだわりました。

f:id:candywrite:20170309220626j:plain

「脚の隙間を空けると10%は見た目クオリティが上がるぞ」と心の中のリトルN西が言うのでその声に従いました。

強度の問題が出てきてしまうので画像のように足の先は繋がっておりますが、パッと見た感じちゃんと独立した脚に見えるようにはなったかなと思っております。

 

テンビンボイジャー

f:id:candywrite:20170309220656j:plain

  

ヘビツカイボイジャー

f:id:candywrite:20170309220716j:plain

この二人の目はどちらも別パーツにできました。

ヘビツカイは額のヘビまで別パーツです。

かなり細かいパーツになってしまうのですが、やはり顔を色分けできるとすごく見た目的な満足度が上がるなと感じます。

変形都合で関節が多いので結構ポーズが取れます。 

 

ワシボイジャー

f:id:candywrite:20170309220731j:plain

DXのスタイリングを元に作成した最初の設計時よりも少し羽を大きくしてみました。

5%ほど大きくしただけなのですが、元の設計から比べると迫力が出たので、ほんの少しのスタイリングアレンジでも大きな効果がありました。

ミリ単位ではなくコンマミリ単位までこだわるのことが食玩のようなスモールトイを作る開発者には求められるなと改めて感じました。 

 

全員集合

f:id:candywrite:20170309220856j:plain

ついに全員揃いました。

 

 

●合体

セイザドッキング!

f:id:candywrite:20170309220922j:plain

四肢が全てゴツイです。

もちろん手脚の付け替え合体可能です。

 

一弾のキュウレンオーと比べるとこんな感じです。

f:id:candywrite:20170309221004j:plain

横に広いですね。

 

第2弾は基本的に両腕になるサソリとワシの構造的にカジキとカメレオンのような引き出し式ヒジ関節を入れられないというのが最大の悩みどころでした。

ミニプラスタッフとあれやこれやと話していくうちに、まず決めたことは『ヒジ関節を諦めないこと』でした。

そして次に『無理矢理中に関節を仕込んでスタイリングを崩すようなことはやめよう』ということが決まりました。

そうなると『外付けの関節にしよう』ということが自然に決まります。

ですが、外付けの関節は他に使い道がない謎のパーツ化することが予想されるので『プレイバリューのある外付け関節にする』ということを目標にして試作を重ねてできたのがこのパーツです。 

f:id:candywrite:20170309221119j:plain

このパーツはサソリとワシに一つずつ入っています。

このパーツのお陰で表情のあるポーズを付けることが可能になりました。

f:id:candywrite:20170309221245j:plain

f:id:candywrite:20170309221322j:plain

 

そしてもちろん1弾のオオカミ・オウシ・カメレオン・カジキにも取り付けることが可能なので、オオカミやオウシも腕にした時にヒジを曲げられるようになります。

f:id:candywrite:20170309221407j:plain

f:id:candywrite:20170309221424j:plain

 

そしてこのパーツはこのようにつなげることが可能です。

f:id:candywrite:20170309221514j:plain

いくつか集めてつなげると…

f:id:candywrite:20170309221541j:plain

f:id:candywrite:20170309221607j:plain

こんなこともできます。

そしてさらにもう一つ使い道があるのですが、それは後でご紹介します。 

 

以上で公式の商品のレビューは終わります。

 

 

以下は公式の設定にはないですが、ミニプラオリジナルの遊びのご紹介です。

ミニプラ界では昔から『オレ合体』という言葉が存在します。

実は開発者も開発段階で遊びで色々とオレ合体をして楽しんだりしています。

ミニプラは『3Φジョイント』『4Φジョイント』『5Φジョイント』(Φ:ふぁい、直径)という3つの規格のジョイントを使い分けています。

ジョイントのΦが合っていればオレ合体をして遊ぶことができます。 

例えばこんな感じ。

f:id:candywrite:20170309221653j:plain

f:id:candywrite:20170309221723j:plain

ヤダ、めっちゃカッコイイ…。

ワシボイジャーを2個使うと再現できます。

 

さらに先程ご紹介したヒジパーツが5Φジョイントなのですが、他の5Φジョイントと組み合わせるとこんなこともできます。

f:id:candywrite:20170309221759j:plain

f:id:candywrite:20170309221841j:plain

左手に装備しているキューザウエポンは3月21日発売のキュウレンジャーキット(なりきりアイテム)のものです。

このサイズでもちゃんと付け替えて9種類の武器にすることができます。 

この画像だと分かりづらいですが、ブレードの部分もブルークリアラメという贅沢仕様です。 

なりきりのキットもかなり気合を入れて開発しているので、「ミニプラは買ってたけど、なりきりのキットは今まで買ってなかった~」という方は、税抜276円とお求めやすい価格でのご提供ですので今回是非購入してみてもらえると嬉しいです!

 

宇宙戦隊キュウレンジャーキット(3月21日発売)の詳細はコチラ 

 

さらに食玩からもDXキュウレンオーやDXセイザブラスターと遊べるSGキュータマが発売中です。 

www.bandai.co.jp


こちらは中身を選んで買える仕様です。

DXからも出ているラインナップは中のシールのデザインが違います。

DXでは発売がないラインナップもありますので、DXのものだけではなく、食玩やガシャポンのキュータマもチェックしてキュータマ集めを楽しんでいただければと思います。

  

ということで今回の公式・非公式併せての商品紹介は以上となります。

「ミニプラ キュータマ合体シリーズ02 キュウレンオー2」3/14発売です。

男性の皆様、ホワイトデー当日ですので娘さんや奥さんや彼女さんへのプレゼントにぜひ!

 

 

ここで最後に一つだけご報告があります。

この度、私とメガハウスの担当O澤さんが3月いっぱいでスーパー戦隊の食玩担当を卒業することとなりました。

と書くと先日の記事で身を切ったとか口を滑らせているので「やりすぎて飛ばされちゃったのかな…これからミニプラのクオリティが下がるのかな…」と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、そういうことではございませんので、これからもちゃんとこだわりのミニプラが続々登場します。ご心配なさらず!

私はバイソンキングから伝統のミニプラ企画開発担当をさせていただきました。

自分の未熟ゆえに商品として至らぬ点があったり、関係各位にご迷惑をお掛けしてしまったりすることもありました。

しかし戦隊・ミニプラファンの皆様や関係各位のアドバイス・ご助力・ご尽力のお陰でここまでやってこれることができました。

この場をお借りして、万感どころではない億感の思いを込めてお礼を申し上げます。

皆様、本当に本当にありがとうございました。本当に。

4月からバンダイ・メガハウス共に新担当がスーパー戦隊食玩の企画開発をさせていただくことになります。

新生スーパー戦隊食玩スタッフをどうぞよろしくお願い致します。 

(ちなみにメガハウスの設計担当さんと生産のシーズさんは変わりません)

企画開発を育てるのは何よりお客様からのご意見ですので、 引き続きドシドシご意見を寄せてあげてください。

 

ということで今回の記事は以上となります。 

相変わらずの長文・乱筆でしたが、どうかご容赦いただければと思います。 

皆様が引き続き良い食玩ライフを送れますように。

ありがとうございました。

 

N西 

(C)2017 テレビ朝日・東映AG・東映 

5/19追記【食玩WEEKLYエグゼイドvol.27】衝撃の復活!!『HDM創絶』&『装動 STAGE765&OPTION SET』一挙レビュー!!

f:id:candywrite:20170109001558p:plain

Vol.27:衝撃の復活!!『HDM創絶』&『装動 STAGE765&OPTION SET』一挙レビュー!!

こんにちは、仮面ライダー食玩開発担当N野です。今週は「装動STAGE4」の発売週でしたが、弾を追うごとにいただく反響が大きくなっており非常に驚いています。購入者アンケートでいただいたご意見は、今後の商品仕様やラインナップの検討材料としてリアルタイムで活用させていただいております!今後の展開も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 ■今週の注目アイテム『HDM創絶 平成ジェネレーションズ』

長らくお待たせしてしまいました!3年間の沈黙を破り、今年「HDM創絶」奇跡の新弾展開を発表いたします!

f:id:candywrite:20170302214115j:plain

新作について語る前に、まずは「HDM創絶シリーズ」について触れなければいけません。本商品は2014年まで展開を続けていた、超高密度造形×精密彩色が売りのリアル頭身フィギュアです。

f:id:candywrite:20170302214132j:plain

「創絶」の名が付くようになったのは比較的最近のことですが、その源泉を辿れば「HDシリーズ」、「ザ・仮面ライダー〇〇シリーズ」など奥が深く、バンダイ食玩の中でも「ミニプラ」と双璧を成すほどに歴史の長いシリーズでした。

f:id:candywrite:20170302214431j:plain

 特に「HDシリーズ」以降は、同規格で仮面ライダー1号から最新の平成ライダーまで揃えられるほどに展開が継続しており、「真・ZO・J」といったネオライダーや「THE FIRST・THE NEXT」まで網羅できる非常に稀有な商品として熱い支持を集めていました。

 

時代は移り・・・生産環境の変化など様々な要因から商品コンセプトを維持しきれなくなりシリーズは一旦休止しておりましたが、今年、ようやく新作を発表できるに至りました!!

f:id:candywrite:20170302214645j:plain

本弾のラインナップは「ドライブ タイプスピード」、「ゴースト オレ魂」、「エグゼイド アクションゲーマー」の全3種。「鎧武」までで止まっていたシリーズのまさに続編となる、主役ライダー3人を一挙収録した豪華ラインナップです。

f:id:candywrite:20170302214723j:plain

それぞれオープニングや決め台詞のシーンから印象的なポーズを選び立体化。彼らが揃うことで、過去のシリーズと合わせて「平成ジェネレーションズ」の5人を並び立たせることが可能に!・・・それどころか、「昭和&平成ライダーの全主役」を、今ふたたびHD規格で揃えられるようになります。

f:id:candywrite:20170303085243j:plain

ひとたび息を潜めたシリーズの復活なんてあるんですね…。創絶が出始めたころは私もただの一コレクターだったので、改めて全ライダーを並べられることが単純に嬉しいです。

 

商品は絶賛開発進行中で、今まさに彩色試作を作成しております。以降もこのブログで続報をお伝えしますのでご期待ください!

『HDM創絶 仮面ライダー 平成ジェネレーションズ』は現在7月ごろの発売を目指して開発中WEB通販等での予約も順次スタートしておりますので、こちらもお見逃しなく!

 5/19追記:発売が9月予定に変更になりました。

 

 

 ■装動STATION 『限定版レジェンドゲーマー&オプションセット一挙レビュー!』

f:id:candywrite:20160905224249p:plain

今週は、先日プレミアムバンダイにて予約受付をスタートした「装動 仮面ライダーエグゼイド STAGE765」および「OPTION SET」をレビュー!

f:id:candywrite:20170302215326j:plain

商品ページだけではご紹介しきれない細かなポイントに迫っていきます。

まずは「STAGE765」から!

f:id:candywrite:20170219015948j:plain

ナムコから発売された往年の大ヒットゲーム「パックマン」、「ファミリースタジアム」、「ゼビウス」の力を秘めた新たなガシャットで変身するゲーマー3体をセットで商品化したアイテムです。

 

■仮面ライダーエグゼイド パックアクションゲーマー

f:id:candywrite:20170302205318j:plain

目に眩しいイエローカラーと両手のグローブにパックマンらしさが詰まったコラボフォーム!頭部やアーマーはロボットゲーマと同形状ですが、グローブ部分は完全新規パーツで再現しています。

f:id:candywrite:20170302205417j:plain

2つを比較するとこのような感じ。もともとのロボットアクションゲーマーがかなりイケメンな仕上がりだったので、こちらも漏れなくカッコ良いです。

f:id:candywrite:20170302205354j:plain

映像では、パックマンらしい躍動感あるアクションが楽しかったですね。

「対戦相手のダブルが欲しいけど、サイズの合うフィギュアがない!」とお嘆きの貴方、ご安心ください。商品の発送時期に近いタイミングで発売を予定している「SHODO仮面ライダーVS6弾」にて、「仮面ライダーダブル」のラインナップ化が決定しました!

f:id:candywrite:20170302205452j:plain

彼が居れば、印象的なバトルシーンの再現もバッチリですね。

f:id:candywrite:20170302205510j:plain

 

お次はブレイブです!

■仮面ライダーブレイブ ファミスタクエストゲーマー

f:id:candywrite:20170302205533j:plain

ファミスタクエストってなんだよ!というツッコミはさておき、コラボ感溢れるユニークなデザインになってます。

f:id:candywrite:20170302205605j:plain

左腕のグローブが特徴的。装動の可動域があれば、ピッチャーらしい投球フォームも難なく再現可能です!

f:id:candywrite:20170302205625j:plain

f:id:candywrite:20170302205640j:plain

片足立ちできるのが嬉しいですね。

ちなみに・・・映像を見ていただくと分かりますが、レジェンドゲームガシャットにはゲーマ状態が存在しません。本当なら各フォームオリジナルのゲーマ状態に出来ると良いのですが、さすがに食玩商品の一存で映像に登場していないキャラクターを勝手にデザインすることはできません・・・。今回の商品化に際してはこれをメリットに転じられるよう、STAGE3で変形由来の突起が付いていたパーツを作り直しました。ビートクエストゲーマーと並べてみましょう。

f:id:candywrite:20170302205814j:plain

右肩のパーツを見ていただくと分かりやすいですが、より劇中のシルエットに近い造形となっており、とても見栄えが良いです。

 

最後はスナイプ!

■仮面ライダースナイプ ゼビウスシューティングゲーマー

f:id:candywrite:20170302205902j:plain

3体の中では、新規パーツや彩色箇所が最も多いキャラクターです。

f:id:candywrite:20170302210013j:plain

f:id:candywrite:20170302210121j:plain

翼の形状もコンバットゲーマのそれとは全く違うものになっています。ゼビウスの主役機・ソルバルウを模したデザインが特別感を高めてくれますね。

f:id:candywrite:20170302210142j:plain

コンバットシューティングゲーマー同様、ガトリングは自由度が高いので、手放しても構えても、しっかりポーズが決まりますよ!

f:id:candywrite:20170302210156j:plain

3人並べるとそれぞれの個性が際立ってますますカッコいいです!

f:id:candywrite:20170302210219j:plain

今回のセットは、新規フォームのアーマーだけでなくアクションボディも付属しているのでこの商品だけで3体を並び立たせることが可能です。「これまで装動には手をつけていなかったけれど、最近ちょっと気になるかも・・・」という方にもおすすめです。

 

さらに、各アクションボディは通常版以上に彩色箇所を追加しています。

f:id:candywrite:20170302210319j:plain

曲面シールが若干貼り辛かった太もも裏のデザインが彩色になったのは、喜んでいただけるポイントかな…と思っております。

 

「エグゼイドライダー完全立体化」へ向けてさらにシリーズを充実させる「装動 仮面ライダーエグゼイド STAGE765」(税込2,592円・7月お届け予定)は、プレミアムバンダイにて絶賛予約受付中です。

 

さて、続いては「OPTION SET」をご紹介します!!

 f:id:candywrite:20170219020003j:plain

ライダーがガシャットでゲームエリアを展開すると登場するゲームアイテムたち。今回は、マイティアクションXのチョコブロック、タドルクエストの宝箱、バンバンシューティングのドラム缶をセットで立体化いたしました!

f:id:candywrite:20170302210417j:plain

ゲームアイテムはエグゼイドのバトルシーンを象徴するアイテムながら、意外とこれまで立体化されてこなかったモチーフです。その役割を担うのは装動しかない!と意気込んで商品化に踏み切りました。

商品のセット内容は、3種のゲームアイテムが3つずつ入った9個入り。

f:id:candywrite:20170302210435j:plain

劇中でも複数登場するアイテムなので、バグスターウイルス同様あればあるほど世界観が拡がります!

f:id:candywrite:20170302215617j:plain

各ライダーとのサイズ比較はこのような感じ。

f:id:candywrite:20170302210449j:plain

f:id:candywrite:20170302210500j:plain

結構しっかりとしたボリューム感があることをお分かりいただけますでしょうか。それぞれの大きさは当然「装動」のフィギュアを基準に合わせていますが、「装動」以外のフィギュアシリーズと並べてもそれほど違和感は出ないバランスかなと思っています。

 

また、特に坂本監督の演出回で印象的だった「空間に浮遊するゲームアイテム」も再現できるように、各アイテムの背面には台座取付用の穴を設けました。

f:id:candywrite:20170302210900j:plain

これがあることで・・・・

f:id:candywrite:20170302210925j:plain

こんなアクション再現や、

f:id:candywrite:20170302210943j:plain

こんなディスプレイも可能になります!!

 

そのほか、宝箱はフタが開くようになっているので、エナジーアイテムを入れたりラムネを入れたりして遊ぶこともできますよ。

f:id:candywrite:20170302211007j:plain

このオプションセット、遊べば遊ぶほど、まるでスルメのように楽しさが染み出してきます。僕はエグゼイドが大好きなので、製品サンプルが届いた際はもはやインテリアとして家のそこかしこに飾りたいと思っています(笑) ちなみにゲームアイテムにはあと1種「爆走バイクのトロフィー」がありますよね。商品化できるかは全く分からないのですが・・・こちらも試作だけは進めていることを最後にご報告しておきます。

 

「装動 仮面ライダーエグゼイド OPTION SET」(税込1,999円・7月お届け予定)は、プレミアムバンダイにて予約受付中です。

 

なお、両商品をひとまとめにした同時購入セットもございます。

 f:id:candywrite:20170219020008j:plain

商品は予定数に達し次第、予約受付を終了いたします。現時点でもかなりいいペースでご予約をいただいている状況ですので、お求めの際はお早めにどうぞ。

 

●今週の小ネタ●

さて、STAGE6のレビューも一巡し、プレミアムバンダイ限定版も紹介し終えた「装動STATION」。来週以降はいよいよ5月発売予定「STAGE7」のレビューに突入します!(もはや次の弾が出ることが当たり前になってきていますね…)

 

この「STAGE7」、単なる“STAGE6の次の弾”ではありません!自分からハードルを上げてしまうようですが、最初は「STAGE MAX」と名付けようか迷ったほど、全てのラインナップが限界突破仕様に!!天井を突き破ったシリーズ最強弾になっていることをお約束します。

 

ラインナップ全7種からレビューの先陣を切るのは「シミュレーションゲーマ」!本編を見るだけでも明らかにボリュームがヤバそうな彼が装動でどう商品化されるのか。来週のレビューまで、どうぞ楽しみにお待ちください・・・!!

f:id:candywrite:20170301185249j:plain

 

開発N野

 

続々立体化進行中!<装動>シリーズは毎月展開!

【一般販売商品】

『装動 仮面ライダーエグゼイド STAGE5』(全7種・各380円)は、328()発売!

『装動 仮面ライダーエグゼイド STAGE6』(全7種・各380円)は、425日(火)発売!

『装動 仮面ライダーエグゼイド STAGE7』(全7種・各380円)は、5下旬発売!

※「STAGE1~4」は好評発売中です。店舗によっては、売り切れ等により販売を終了している場合があります。

【プレミアムバンダイ限定商品】

『装動 仮面ライダーエグゼイド STAGE765』(税込2,592円)は、好評予約受付中!

『装動 仮面ライダーエグゼイド OPTION SET』(税込1,999円)は、好評予約受付中!

※2種同時購入セット(税込4,591円)も 予約受付中です!

 

f:id:candywrite:20170219020008j:plain 

f:id:candywrite:20170219015948j:plain

f:id:candywrite:20170219020003j:plain

■仮面ライダー食玩 2~4月発売スケジュール

好評発売中!「仮面之世界2」

好評発売中!「仮面ライダー ブットバソウルラムネ」

好評発売中!「CONVERGE KAMEN RIDER5」

好評発売中!「エキサイトリンク ガシャットコレクション」

好評発売中!「装動 仮面ライダーエグゼイド STAGE4」

3月21日(火)「仮面ライダーエグゼイド ラクラクモデラー4th」

3月28日(火)「装動 仮面ライダーエグゼイド STAGE5」

4月4日(火)「SGライダーガシャット02」

4月11日(火)「エキサイトリンク エグゼイドアームズⅡ」

4月25日(火)「装動 仮面ライダーエグゼイドSTAGE6」

「食玩 WEEKLY エグゼイド」のバックナンバーはこちら!

  f:id:bandaicandy:20161216162739p:plain

仮面ライダー食玩の最新情報はココ!

f:id:bandaicandy:20161216162840p:plain

 

「装動」シリーズはココもチェック!

www.bandai.co.jp

(C)2016 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

 

※各画像は開発中のサンプルを撮影したものです。実際の商品とは多少異なりますのでご了承ください。

※発売日等は予告なく変更になる場合があります。