読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンダイ キャンディ スタッフ BLOG

バンダイの食玩・お菓子・食品etc… “バンダイ キャンディ”の開発スタッフによる公式ブログです。開発担当者が交代で更新予定です。      ※このページでは、記載内容・商品等に関するお問い合わせは受け付けておりません。ご了承ください。

バンダイの食玩・お菓子・食品etc… “バンダイ キャンディ”の開発スタッフによる公式ブログです。

燃えよ、ドラゴンマスター! 「ミニプラ キュータマ合体シリーズ03 リュウテイオー」 レビュー

 

f:id:candywrite:20170426170535j:plain

はじめまして。新しくキュウレンジャー食玩の開発担当となりました、N岸と申します。


私はこれまで3年ほど、男児向けのカードやシールがついた菓子の開発をしておりました。「カッコよさ」を追求する熱い気持ちは、前担当のN西にも負けないつもりです!

さらには私自身、このミニプラという商品のファンでもあります。とくに、近年の革新的なパワーアップの数々は、同じ部署の私から見ても「うわぁ…頭おかしい…」と思ってみていました。そんな自分が、まさかこの記事を書くことになるとは…。

クオリティの高い食玩を作りつつ、このブログで開発秘話なども積極的にお話ししていければと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
※ちなみに、これまでスーパー戦隊シリーズの食玩を担っていたN西は、4月から私の上司となっております。N西のミニプラ魂はしっかり継承されておりますので、これまでと変わらぬクオリティをお約束いたします!

 

さて、今回ご紹介するのは、5月2日に発売予定の「ミニプラ キュータマ合体シリーズ03 リュウテイオー」です。4月23日の放送でついに登場した最新ロボが、満を持してミニプラでも登場です。

※基本情報はコチラからご確認ください。 

それでは、レビュースタート!

 

 

■パッケージ

f:id:candywrite:20170425161956j:plain

今回は全5種で、リュウテイオーが完成します。

リュウボイジャーがA・B・Cの3種に分かれており、オオグマボイジャー&コグマボイジャーが1種、サソリボイジャーが1種です。リュウボイジャーは3種の分割となってしまいましたが、その価値を感じて頂けるようなボリューム・可動・変形合体機構になっていると思います。くわしくは、続く記事の中でご紹介いたします。

  


■開封&各ボイジャー紹介

 さっそく開封してみます。

 (1)リュウボイジャーAf:id:candywrite:20170425162037j:plain

大きなランナーが3枚、すべて異なる成形色で封入されています。

今でこそ当たり前に感じてしまうボリューム感ですが、一昔前の1種あたりランナー1.5枚~2枚程度で構成されていた時代も良く知っている身としては、ミニプラの進化を強く感じます。

 

(2)リュウボイジャーB

f:id:candywrite:20170425162056j:plain

このセットにはリュウミニキュータマが付属しています。

 

(3)リュウボイジャーC

f:id:candywrite:20170425162111j:plain

全部で3つのランナーと、2つのパーツが入っています。
なぜ2つのパーツだけランナーがついていないのか、疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、理由は単純で、ランナーが付いてしまうと箱に収まり切らないボリュームになってしまうためです。そのため今回は、作業工程が増えてしまいましたが、この2つのパーツのみ工員さんの手作業でランナーを取り除いてから封入しております。

 

(4)オオグマボイジャー&コグマボイジャー

f:id:candywrite:20170425162655j:plain

5枚のランナーが入っています。色分けは4色。

 

(5)サソリボイジャー

f:id:candywrite:20170425162828j:plain

こちらは過去のミニプラからの再録です。ランナー5枚で、4色を使用しています。

 
■各ボイジャー組み立て

開封も終わったので、さっそく組み立ててみます!

 

 (1)リュウボイジャー(A+B+C)

 素組み

f:id:candywrite:20170426144334j:plain

完成

f:id:candywrite:20170426144349j:plain

まず思うのは、「圧倒的な長さ」です。一直線に伸ばすと、なんと全長約38㎝! おもわずスタンドを使って、パースを付けて撮影してしまいました。

※スタンドは付属しません。

f:id:candywrite:20170426144446j:plain

ほかのボイジャーと並べると、その長さがよくわかります。

 f:id:candywrite:20170426144502j:plain
ただでさえ小柄なカメレオンボイジャーは、もはや食べられてしまいそうな迫力。

f:id:candywrite:20170426145143j:plain

 首と尾の付け根には、それぞれロボ時に関節となる可動部があるので、ただ長いだけでなく動きに表情を出すことができます。番組での動きが印象的な、うねうねとしたポーズもこのとおり。

 

f:id:candywrite:20170426144722j:plain

タイヤによるコロ走行もできます。

 

 

(2)オオグマボイジャー&コグマボイジャー

f:id:candywrite:20170426152023j:plain

スカイブルーの体と、グレーのアーマーの2色が特徴的なオオグマボイジャーを、成形色だけでもここまで再現。

コグマは、リュウボイジャーAの黄色いランナーについているパーツを使用することで、シールを貼ることなくヘルメット部分の色分けを疑似的に再現できます。


f:id:candywrite:20170426145708j:plain

小さいパーツのシール貼りは、小さなお子様にはやはり難しいもの。このパーツがあることで、誰でも手軽にコグマボイジャーのディティールをアップさせることができるようになっています。

 

(3)サソリボイジャー

f:id:candywrite:20170426154044j:plain

形状はすでに発売済みのものと変更ありません。ただ、ちょっとした変化でも楽しんでいただけるように、シールの絵柄を変更しています。

f:id:candywrite:20170426171911j:plain

 

 

 

■セイザドッキング!

満を持して、キュウボイジャーたちを合体させます!

 素組み

f:id:candywrite:20170426154257j:plain

完成

f:id:candywrite:20170426154325j:plain

 

リュウテイオーの最大の特徴ともいえるのが、リュウボイジャーの長い体を半分に折りたたむようにして、ロボの胴体&足を完成させる変形ギミックです。

f:id:candywrite:20170426155003g:plain

 


ミニプラの設計にあたり、はじめてDX版の玩具のギミックを知った時、「このポキッと折れるような独特な変形は、絶対に子どもたちの心を惹きつける!」という確信がありました。

ただ、一見シンプルなようで、各部位が綿密にかみ合わないといけないギミックなので、ミニプラにするための課題は山積みです。一時は、抜き差しありの組み換え変形とすることも検討しました。ですが、やはりこの独特な変形ギミックを諦めるべきではない、という結論に至りました。
また、このギミックの設計をさらに難しくする、ミニプラだからこそ取り入れたい新たなアイデアもありました。それは「腰の可動」です。リュウテイオーはカンフースタイルで戦うロボなので、ミニプラのように動かして遊ぶキットでは、腰を回せるようにしてキックやパンチといった肉弾戦ポーズがかっこよく決まると、商品のプレイバリューが格段に上がるのは間違いありませんでした。

「半分に折れる特殊な変形ギミック」と「腰の可動」。この2つを同時に実現できないか…、設計のメガハウス様に無茶なお願いをし、トライ&エラーを重ねました。試作品を何度も作り、過去のロボット玩具を持ち寄って分析し…。
結果、以下のような工夫で、理想とするギミックを実現することができました!

 

f:id:candywrite:20170426160525j:plain

 

f:id:candywrite:20170426160541j:plain

リュウボイジャーの胴体と尾を接続するピンが、じつは可動式になっています。このピンを90度回転して倒すことで、腰は自由に回りつつ、胴体中央の合わせ目がガッチリとロックされるような、一石二鳥の構造となっています。

※お伝えするのがなかなか難しく、わかりづらくなってしまいました。ぜひ実物を手に取って遊んでいただけるとうれしいです。

 

その腰可動を活かして、遊んでみた結果がこちらです。カッコいいポーズが自由自在!

f:id:candywrite:20170426161236j:plain

f:id:candywrite:20170426161222j:plain

 

f:id:candywrite:20170426161204j:plain

仁王立ち。

f:id:candywrite:20170426161341j:plain

このポーズを撮るためには、クマボイジャーとコグマミニキュータマの接続部分に、サソリボイジャーやワシボイジャーについている「肘関節パーツ」を使用しています。肘関節をつけることで、リュウテイオーの肩とクマボイジャーの後輪が干渉しなくなり、より自由度の高いポーズをとることが可能です。右腕を90度回転するだけで、仁王立ちのシルエットがよりかっこよくなっています。

 

キュウレンオーと並び立つ!

f:id:candywrite:20170426161457j:plain

こうしてキュウレンオーと並べてみると、リュウテイオーのほうが一回り大きいことが分かりやすいかと思います。ちなみにとなりに並べたキュウレンオーは、通常版とは色が異なるメタリックカラーですが、塗装したわけではありません。これが成形色そのものの色なのです…! すでに戦隊食玩ポータルにも掲載されているアイテムではありますが、その紹介もまた近いうちに。

 

手足の付け替えももちろん自由自在。

f:id:candywrite:20170426161607j:plain

 

 

新担当・N岸によるミニプラ「リュウテイオー」のレビューは、以上です! 皆様にもぜひ遊んでいただきたい、楽しいキットになっていることがすこしでも伝わりますと幸いです。

リュウテイオーで遊んでいただけた方は、ぜひ箱に印刷されているアンケートフォームから、感想やご意見をいただけますとありがたいです。皆様の声を反映して、食玩の限界を突破するアイテムを生み出していく所存です。長文・乱文となってしまうこともあるかと思いますが、お付き合いいただけますとありがたいです…! どうぞよろしくお願いいたします!!

 

 

~次回予告~
リュウテイオーにはさらなる秘密が隠されていた!?
5/1、ミニプラ リュウテイオーの『続報』をお届けします!

 

  

(C)2017 テレビ朝日・東映AG・東映 

www.bandai.co.jp

ムゲンサーガ ファン決起集会レポート!

f:id:candywrite:20170414210559p:plain

ムゲンサーガ ファン決起集会レポート!

前回の記事はコチラ

ムゲンサーガ担当のM原です!

日曜日に開催された『ムゲンサーガ ファン決起集会』!

たくさんのご来場、誠にありがとうございました!!

このようなイベントはキャンディ事業部としても初めてで、

「もしかしたら、30人も来ないんじゃないか?」

「寂しいイベントになったら、どうしよう・・・」

と、不安も入り混じりながらではありましたが、

フタを開けてみると、次々と熱いファンが集まってくださり、

MAX90席の会場に100人以上の方が詰めかけ、

胸が熱くなる思いでした!!!

 

ファラオをデザインされた鈴木勝さんによる開発裏話

来場者参加の組み換えコンテストプレゼント抽選会などを行い、ツイッターのトレンドにも「ムゲンサーガ」が掲載されるなどイベント内容も大盛況!

その様子をYouTubeLiveで生中継したのですが、以下のリンクから撮影した動画を全て見ることができます。

当日ご来場いただけなかった遠方の方も、ぜひこちらでイベントの雰囲気を味わっていただければと思います!

www.youtube.com

主催のラ・シタデール様がツイッターでのイベント感想をまとめていらっしゃいますので、こちらもぜひご覧ください!

togetter.com

 

以下、公式カメラマンの写真をいくつかご紹介します。

 

▼終始イベントを盛り上げてくださった司会のロボ石丸さん!

f:id:candywrite:20170424211853p:plain

▼左から2番目、マスクを付けているのがYouTuberのヲタファさん!

f:id:candywrite:20170425134639p:plain

▼メジェド様風の白い覆面をつけているのは玩具デザイナーの鈴木さん

f:id:candywrite:20170424204128p:plain

▼9年前の食玩ムゲンバイン担当鳥居さんも登壇いただきました。

f:id:candywrite:20170424203619p:plain

▼鳥居さんによる食玩ムゲンバインの歴史解説!

f:id:candywrite:20170424204022p:plain

▼当時の貴重な資料を公開!みんな思わずデジカメで撮影!

f:id:candywrite:20170424204337p:plain

▼ずらっと並んだ組み替えコンテスト応募作品!どれも凄い!

f:id:candywrite:20170424203358p:plain

▼組み替えコンテスト優勝者の作品

f:id:candywrite:20170424203532p:plain

▼発売直前!ムゲンアーサー開封の儀!

f:id:candywrite:20170425091855p:plain

▼『ヲタファの“ナマ”秘密基地 in Asagaya/Loft A』としてレビュー!

f:id:candywrite:20170424203817p:plain

▼ムゲンアーサーのパッケージアートの秘密を解説!

f:id:candywrite:20170425090739p:plain

▼9年前から生まれ変わった新生ムゲンアーサーの雄姿!

f:id:candywrite:20170425090843p:plain

▼プレゼント抽選会!当選おめでとうございます!

f:id:candywrite:20170425092233p:plain

▼参加者全員で記念撮影!

f:id:candywrite:20170424203248p:plain

ファンの皆さんに支えられた素敵なイベントでした!

ご来場いただき、本当にありがとうございました!

 

新商品『ムゲンアーサー』は本日発売です!

        f:id:candywrite:20170424211236p:plain

WEB上での組み替えコンテスト無限王者決定戦も投稿サイト「ワンダースクール」にて開催中です!

f:id:candywrite:20170424204916p:plain

コンテスト期間:2017年04月24日(月)~2017年06月30日(金)
結果発表:2017年07月18日(火)

 

さらに盛り上がりを見せるムゲンサーガ!

引き続き何卒、よろしくお願いいたします!

 

担当:M原

www.bandai.co.jp

SDガンダムNEO 02 「ガンダムTR-1」2体のご紹介です!

 皆様こんにちは。担当Hでございます・・・

先ほど手帳を見て気づいたのですが、今年のゴールデンウィークは29日が土曜日で

1日分消滅していました・・・

悲しみに明け暮れています・・・・

  

f:id:candywrite:20170424115404j:plain

さて今回はSDガンダムNEO 02「ヘイズル改]「ヘイズル改(実戦配備カラー)」の

ご紹介をさせていただきたいと思います。

 

f:id:candywrite:20170424115443j:plain

まずはガンダムTR-1 [ヘイズル改]です。

SDガンダムのバランスとして額、肩、足回りのパーツが大きめに造型されています。

f:id:candywrite:20170424115850j:plain

正面はこのような感じになっています。

f:id:candywrite:20170424115918j:plain

他MSのシールドと比べてシールドブースターはかなり大きいです。

 

f:id:candywrite:20170424130600j:plain

カメラもキレイです。

f:id:candywrite:20170424130633j:plain

TR-1はメインカメラが頭頂部全体に入っているのですが、

設定どおりクリアパーツで再現されております。

 

f:id:candywrite:20170424130810j:plain

続いてヘイズル改(実戦配備カラー)です。

こちらはカラーリングがティターンズカラーになっております。

 

f:id:candywrite:20170424131757j:plain

正面から見るとこんな感じです。

シールドブースターが2枚ついていてお得です。

 

f:id:candywrite:20170424131924j:plain

側面はこんな感じです。

 

f:id:candywrite:20170424131951j:plain

全体の色味が暗いのでカメラも締まった感じに見えます。

 

f:id:candywrite:20170424132107j:plain

f:id:candywrite:20170424132224j:plain

ヘイズル改とヘイズル改(実戦配備カラー)をそろえるとシールドが3枚になるので、「トライブースター」を

再現することができます。

 

f:id:candywrite:20170424132258j:plain

f:id:candywrite:20170424132304j:plain

最後はパッケージ写真です。

 

以上ガンダムTR-1[ヘイズル改]、ガンダムTR-1[ヘイズル改](実戦配備カラー)の

ご紹介でした。

次回は「ストライクフリーダムガンダム」のご紹介をさせていただこうと思います。

ご閲覧ありがとうございました。

 

www.bandai.co.jp

【WEEKLY エグゼイドVol.37】発売直前!装動STAGE6 装集編!&『大装動』徹底解剖!!!!

f:id:candywrite:20170109001558p:plain

「装動STAGE6」装集編&大装動の秘密を完全公開!!!

こんにちは! 装動仮面ライダーエグゼイド開発担当のT男(ティーお)です!!

本日のエグゼイド、ハンカチ無しには見られない本当に良い回でした・・・。

そこからの大波乱!まだご覧になられていない方もいるかと思いますので内容は伏せますが、来週も目が離せませんね・・・!!!

  

❒今週の注目アイテム『装動STAGE6 装集編』

さて!次回のエグゼイドも気になりますが、こちらも見逃せません!!

いよいよ来週25日(火)に発売の迫ったSTAGE6!これまでのレビューを全て振り返ってみましょう!!!!!

f:id:candywrite:20170417204551j:plain

 

❒バーガーゲーマ

bandaicandy.hateblo.jp

❒パラドクス

bandaicandy.hateblo.jp

❒ファンタジーゲーマ

bandaicandy.hateblo.jp

❒エグゼイド ゴーストゲーマー

bandaicandy.hateblo.jp

  

bandaicandy.hateblo.jp

 

最後は先日アップロードしたばかりの、製品版レビューです◎

 

本弾は、愛くるしくてしょうがないバーガーゲーマ、遂に参戦のパラドクス、厳かな雰囲気の漂うブレイブ ファンタジーゲーマー、レジェンドゲーマーのドライブゲーマーと、非常に緩急のついたラインナップとなっております。これからご紹介する大装動には言うまでもなく互換しておりますので、大装動と合せて、シリーズファンの方も、『ちょっと装動気になってる・・・!』というはじめての方にも全力でオススメできますよ!!!

 

f:id:candywrite:20170410085712p:plain

❒装動STATION 大装動のさらなる秘密を徹底解剖ッ!!!!

 

さぁ、お待たせいたしました!! 今週も大装動の秘密に迫っていきましょう!! 今回は内容が非常に細かく、且つ多いので、なるべくテンポよくお送りします!(笑)

 

大装動の魅力 クロスアーマーの進化!!! 

先週予告していたクロスアーマーの秘密ですが、ずばり『塗装箇所の圧倒的増加』でございます!!! 一個一個お伝えするのもまどろっこしいので、画像で一撃でご確認ください!

f:id:candywrite:20170421131533p:plain

はい!こんな感じで、エグゼイドの前頭部・後頭部のシルバー、胸アーマー前後のシルバー、さらにはガシャコンブレイカーの刃のメタリックピンクの部分を一挙に塗装に変更しました! ちなみに、アクションボディの方が可動増加に伴いパーツも増えておりますので、今回はガシャコンブレイカーを2モードともアクションボディに付属させております。

そして、先週お気付きの方もいらっしゃったようですが(さすがです!笑)、エグゼイドに関しては、頭部パーツの目のシールをちょっぴりマイナーチェンジし、より劇中イメージを再現したものにしております。

f:id:candywrite:20170421141941p:plainSTAGE1と比較すると、こんな感じで少し丸みを帯びた瞳にしてみました!

 

さて、クロスアーマーのグレードアップはブレイブも同様です!

f:id:candywrite:20170420133549p:plain

エグゼイド同様の頭部・アーマーの塗装に加え、ガシャコンソードの刃の部分が塗装になりました。また、今回はガシャコンソードを2本付属させており、それぞれ『両面とも炎モードの塗装ver.』『両面とも氷モードの塗装ver.』と完全に別物にしております。劇中でもキメワザ時に炎や氷をまとったような演出が印象的ですが、それを再現したような作りになっております!!

 

そして、スナイプはと言うと!

f:id:candywrite:20170420134733p:plain

基本はエグゼイドとスナイプと同じですが、頭部は一部塗装カラーをガンメタリックに近い色からシルバーにマイナーチェンジしています。また、ガシャコンマグナムは2モードを付属させており、それぞれ、塗装箇所を増やしております。ライフルモードに至ってはなんと3か所塗装増!(笑) 

 

と言うことで、駆け足でクロスアーマーの秘密をお送りしましたが、ここで一旦アクションボディに話を戻しましょう!

 

大装動の魅力 アクションボディのさらなる秘密!! 

 さて、先週の開発ブログにて可動域の進化を皆さんにお伝えしましたが、実は!! アクションボディにはさらに改良ポイントがあります!! はいこれ!

f:id:candywrite:20170420131217p:plain

 へい、アクションボディにも塗装増お待ちッ!! 

スネアーマー部分をメタリック塗装に変更すると共に、表面は塗装・裏面はシールで再現していた3人のアンダースーツの模様も塗装に変更しており、シールの絶対数が格段に減っております。

この辺の塗装の有無の判断については、『正面から見えるところを最優先』という考えの元、お腹や 正面モモをしっかり塗装しつつ、裏面はシールで、、、というのが常套手段でして、実は今回の大装動も一瞬その説はありました。

『大』装動と銘打つからには、全ラインナップに新しい要素を加えることが私達企画開発担当の命題になります。当初の位置づけは

アクションボディ ⇒ 手首・腰の可動追加

クロスアーマー  ⇒ 塗装箇所の増加

このような役割を持たせており、それはそれで筋が通っていたのですが、やればやるほど見た目が良くなっていく、この『装動』という商品を見るにつけ脳内麻薬が分泌され、、、

・・・気が付いた時にはモモの裏と背中の模様が塗られたサンプルが眼前にありました。全ては『結果』なのです。『結果』だけがあればいいんです。

 

ということで、アクションボディ・クロスアーマー共に大きくグレードアップした大装動の秘密をお伝えしました!! さらに、今回は超かっこいいスタジオ写真を大公開です!!

 

f:id:candywrite:20170421100034p:plain

f:id:candywrite:20170421100051p:plain

いかがでしょう!これらの写真はパッケージでも使用します。大装動の塗装の豪華さ・可動の増加をお伝えすると共に、エグゼイドやスナイプのポージングは結構攻めてみたつもりです!

余談ですが、こういったスタジオ写真は私達企画開発担当がスタジオにお邪魔して、カメラマンの方、デザイナーの方とああでもない、こうでもないと何時間も撮影してできあがっているんです。 装動のようなアクションフィギュアは、固定フィギュアと比べると圧倒的に撮影に時間がかかるので、終わるころにはみんなグロッキー状態なのですが、このスタジオ写真やパッケージを作成頂いているスタッフさんも、STAGE1からずっとお力を借りている方たちでして、『装動』を支えて下さっている大切なパートナーなのです!

 

 大装動の魅力 パワーアップした●●ゲーマ 

 

さて、これまでエグゼイド・ブレイブ・スナイプのアクションボディ、クロスアーマーの進化についてお伝えし、ここまででラインナップは6種紹介したことになります。

しかし、大装動のラインナップは『全8種』です。

残る二つのラインナップはズバリ! 

 

f:id:candywrite:20170421172702j:plain

はい、ハンターゲーマA・Bでしたー!

では、ここからは実に『装動らしい(笑)』進化を遂げたハンターゲーマについてご紹介しましょう!

ハンターゲーマAの新規パーツ

 さて、今回はA・B共に新規パーツが付属しております。もう予測できている方も多いことでしょうが、まずはこれ!

 

f:id:candywrite:20170421100415p:plain

はい!いつぞやのN野のブログでも触れられていたかと思いますが、『ブレイブとスナイプがフルドラゴンになった時に背中に付いているカバー的なパーツ』でございます!!笑

f:id:candywrite:20170420135345p:plain

これを新たに付属させました!これは元からあるハンターゲーマーの背中パーツと合体させることができ、このパーツに生えているジョイント部をそのままブレイブやスナイプのアクションボディに装着させる仕様となっております。

f:id:candywrite:20170421152951p:plain

従って、従来のように腰に付けたスタンド用の穴を使用する必要が無くなっており大装動の腰可動が殺されることはありません!! また、従来の腰穴ジョイント用の突起は、今回は不要となったため、カットしております。

 

そして、この新たな背中パーツ… f:id:candywrite:20170421103856p:plainもうお分かりでしょうか?(笑)

これは『大装動のエグゼイドをフルドラゴンにした時にも腰可動ができるようにするための差替え背中アーマー』です!笑 劇中のエグゼイドフルドラゴンには上記のカバーパーツはございませんので、代わりにこのパーツの登場というわけです。肩の部分に空いているジョイント部を利用して、ここにハンターゲーマ背中部を装着させることで、エグゼイドにおいても大装動の腰可動は殺されないのです・・・! 

f:id:candywrite:20170421153305p:plain

 

ブレイブ・スナイプ用のパーツは、より劇中に近い再現という意味合いも強いですが、この背中パーツについては、完全に大装動のエグゼイドの腰可動のために、この世に生を受けたパーツになります(笑)

 

ちなみに、ハンターゲーマAも一か所だけ塗装箇所が増えております。

 

f:id:candywrite:20170421150252p:plain

ベロ!

 

ハンターゲーマBの新規パーツ

続いて、ハンターゲーマBの新規パーツをご紹介します。上記のカバーパーツまで言えば、もうおわかりの方も多いでしょう・・・!

 

f:id:candywrite:20170421100934p:plain

そうです!ブレイブ・スナイプ用の差替え頭部パーツです!! このパーツを付けた意義は

「もっと劇中に似てたら最高だよね!以上!!」

これしか言いようがありません(笑) と言うか、背中パーツを付けた時点で必須ですね。ハンターゲーマA・B集めることで、ブレイブとスナイプのフルドラゴンの再現性が以前より格段に向上しております。

f:id:candywrite:20170420135643p:plain

ただし、パーツを増やした関係で、以前レーザーのために使用していた関節パーツなどは一部オミットさせて頂いております。今回はエグゼイド・ブレイブ・スナイプ用に特化ということで、ご了承頂けますと幸いです・・・!

とうことで、新規パーツを装着し、生まれ変わったフルドラゴンのブレイブとスナイプをスタジオ写真で!

 

f:id:candywrite:20170421102705p:plain

 

以上!!

可動箇所の増加、塗装箇所の増加、新規パーツなど盛りだくさんの大装動の仕様について、これで皆さんにほぼほぼお伝えできたと思います!

 

が、ここからも気になるところではないでしょうか。

 

大装動の販売形態

さて、お待たせしました。

端的にお伝えしましょう!

大装動は6月中旬より般のお店で発売いたしますッ!!!!!!!

 

ただし、本商品は特別弾につき、通常弾と比べると生産数が少なく、全国の総合スーパー「イオン」(沖縄を除く)、食品スーパー「マックスバリュ」など、イオングループの店舗中心の取り扱いになります。店舗によっては取り扱いのないお店もございますので、ご注意ください。いつもよりも入手がやや難しくなりますが、お見逃しなく!! 

 

 大装動の価格

こちらも気になられている方が多いでしょう。可動箇所増加に伴うパーツの増加、塗装箇所の増加など、コストアップをさせるような仕様変更しかしていないため、通常弾よりは価格はUPしてしまいました・・・。

ずばり『大装動 仮面ライダーエグゼイド』は税抜420円です!!

すみません、ちょっと上がってしまいましたが、なんとかここまでで収めました、というのが正直なところです・・・!

価格UP分を越えて余りあるグレードアップは出来ているかなと思っておりますので、ご了承頂けますと幸いです!

 

ということで、2週に渡って大装動についてお伝えしてきました!!

従来の装動のファンのみなさまに対しては、いつもありがとうございますという思いを込めた恩返しのつもりで前担当N野が企画したものでもあり、『ちょっと装動という商品が気になる…!』というみなさまには貴重なレベル2の入手タイミングということで、どなたにも全力でオススメできるEX弾『大装動』!!

超お見逃しなく!!!!!

 

 さて、次回は4/30(日) 8時半に更新予定です。

次回はSTAGE7にラインナップのあのキャラクターを遂に公開!!!!

お見逃しなく!!!

 

エグゼイド全ライダー完全補完計画、本格始動!!

【一般販売商品】

『装動 仮面ライダーエグゼイド STAGE6』(全7種・各380円)は、425日(火)発売!

『装動 仮面ライダーエグゼイド STAGE7』(全7種・各380円)は、5月30日(火)発売!

『大装動 仮面ライダーエグゼイド』は、6月中旬発売!

『装動 仮面ライダーエグゼイド STAGE8』は、6月下旬発売!

※「STAGE1~5」は好評発売中です。店舗によっては、売り切れ等により販売を終了している場合があります。

【プレミアムバンダイ限定商品】

『装動 仮面ライダーブレイブ』(税込2,592円)は、好評予約受付中!

 『装動 仮面ライダーエグゼイド STAGE765』(税込2,592円)は、好評予約受付中!

『装動 仮面ライダーエグゼイド OPTION SET』(税込1,999円)は、好評予約受付中!

※2種同時購入セット(税込4,591円)も 予約受付中です!

f:id:candywrite:20170322165805j:plain

f:id:candywrite:20170219020008j:plain 

f:id:candywrite:20170219015948j:plain

f:id:candywrite:20170219020003j:plain

■仮面ライダー食玩 4~6月発売スケジュール

好評発売中!「SGライダーガシャット02」

好評発売中!「エキサイトリンク エグゼイドアームズⅡ」

4月25日(火)「装動 仮面ライダーエグゼイドSTAGE6」

5月2日(火)「SGライダーガシャット03」

5月9日(火)「仮面ライダー ブットバソウルラムネ2」

5月30日(火)「SGライダーガシャット04」

5月下旬「装動 仮面ライダーエグゼイド STAGE7」

6月中旬「大装動 仮面ライダーエグゼイド」

6月下旬「装動 仮面ライダーエグゼイド STAGE8」

「食玩 WEEKLY エグゼイド」のバックナンバーはこちら!

  f:id:bandaicandy:20161216162739p:plain

仮面ライダー食玩の最新情報はココ!

f:id:bandaicandy:20161216162840p:plain

 

「装動」シリーズはココもチェック!

www.bandai.co.jp

(C)2016 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

(C)BANDAI NAMCO Entertainmet Inc.

 

※各画像は開発中のサンプルを撮影したものです。実際の商品とは多少異なりますのでご了承ください。

※発売日等は予告なく変更になる場合があります。