読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンダイ キャンディ スタッフ BLOG

バンダイの食玩・お菓子・食品etc… “バンダイ キャンディ”の開発スタッフによる公式ブログです。開発担当者が交代で更新予定です。      ※このページでは、記載内容・商品等に関するお問い合わせは受け付けておりません。ご了承ください。

バンダイの食玩・お菓子・食品etc… “バンダイ キャンディ”の開発スタッフによる公式ブログです。

ミニプラ動物合体シリーズついに完結!キューブオクトパス&キューブウエポンEX レビュー

こんにちは。

スーパー戦隊食玩担当のN西です。

 

今回はミニプラ動物合体シリーズ最後のブログになります。

もうジュウオウジャーのミニプラシリーズも終わりなんだなと思うと、今年のミニプラにまつわる嬉しかったことや悩んだことが走馬灯のように甦ってきて、少し感傷的な気分になります…。

中でも多くのミニプラファンの皆様に喜んでいただき、ご声援やアドバイス、叱咤激励を頂いたことはとても嬉しかったですし、私の大きな財産になりました。

本当にありがとうございました。

(最近毎回のようにブログでお礼を言っている気がします…)

 

勝手にセンチメンタルになっておりますが、そんな私がジュウオウジャーミニプラで最後にご紹介するのは『動物合体シリーズ06 キューブオクトパス&ジュウオウキューブウエポンEX(12/6発売)』です。

f:id:candywrite:20161201183227j:plain

 

 

この商品は実は夏くらいまでは発売を予定していなかった商品です。

ウエポンEXは春先から存在が確認されていたのですが、金型流用のウエポンEXを4種だけで発売するという勇気が持てない状況でした。

そんな中、完全新規デザインのオクトパスの存在が夏に確認されて「これで1弾分の商品にできる!」とガッツポーズをしながら、速攻で会社に提案を差し込みました。

めでたく商品化はスムーズに決まったのですが、12月発売ということを考えると夏からの動き出しというのは致命的に遅く、スタートから『スケジュールパツパツ』の状態でした。

ですが、そこで燃えるのが今年のミニプラチームです。

「今年は支えてくれたミニプラファンへの恩返しのためにも必ず走り切ると決めたので、必ず12月に間に合わせよう。しかも妥協なしで! 」

最後の一言は勢いがあった割にみんな小声でした。

人間味があって良いチームです。

 

そんな超特急で開発進行をしたミニプラ06がどんな商品になったのか。

ジュウオウジャーミニプラ最後のレビューをさせていただきたいと思います。 

 

 

●パッケージ

f:id:candywrite:20161201225854j:plain

ドデカイオーと同じく正面と天面の番号だけが違うデザインですので、購入の際はお間違いないようにご注意いただければと思います。

それにしてもタコが パッケージのメインを飾ったのはミニプラ史上初ではないでしょうか…。

 

 

●ランナーとシール

キューブオクトパス

f:id:candywrite:20161201225954j:plain

ジュウオウジャーミニプラシリーズの中でも屈指のパーツ数です。

今回はオクトパスにこだわりすぎポイントを持ってきておりますので、後ほどご紹介します。

 

 

キューブシマウマ

f:id:candywrite:20161201230024j:plain

屈指のシール数です…すみません…。

金型はキリンを全流用です。

 

 

キューブカモノハシ 

f:id:candywrite:20161201230058j:plain

なぜ『カモノハシ』が選ばれたのか興味が尽きません。

金型はモグラのものを流用しつつ、クチバシ部分は新規金型です。 

 

 

キューブヒョウ 

f:id:candywrite:20161201230157j:plain

シール面積は小さいのですが、こちらもシール多めです。

体に縞模様や斑点柄がある動物は難しいです…。

金型はクマを全流用です。 

 

 

キューブフクロウ

f:id:candywrite:20161201230310j:plain

ウエポンの中ではパーツ数多めです。

金型はコウモリのものを流用しつつ、顔部分は新規金型です。 

 

 

●素組み

まずはタコ以外の4種です。

キューブシマウマ 

f:id:candywrite:20161201230407j:plain

 

 

キューブカモノハシ

f:id:candywrite:20161201230420j:plain

 

 

キューブヒョウ

f:id:candywrite:20161201230435j:plain

 

 

キューブフクロウ 

f:id:candywrite:20161201230455j:plain

 

 

そしてこれがキューブオクトパスです。

f:id:candywrite:20161201230546j:plain

ウエポンじゃないミニプラジュウオウキューブのサイズなので他のキューブウエポンよりも二回り程サイズが大きいです。

 

なんと言っても注目していただきたいのは脚の黒パーツです。

8本の脚全てに2種類の小さい黒パーツをはめ込みます。

f:id:candywrite:20161201230615j:plain

f:id:candywrite:20161201230632j:plain

実はここまでやる必要があるのか、という議論にもなりました。

しかし「やらないでガッカリされるくらいだったら、やりすぎてバカだと言われよう」という結論に至りました。

ミニプラファンの皆様の「頭おかしい」という褒め言葉がほしくて、つい…。

ミニプラチームのやりすぎかもしれないこだわりを感じて楽しんで組んでいただけると幸いです。

 

 

●完成状態

キューブオクトパス

f:id:candywrite:20161201230847j:plain

キューブオクトパスは胴と頭の固定を外してあげると手動ですが脚を横方向に回転させるギミックが再現できます。(タコカンドロイドを思い出します)

 

キューブシマウマ 

f:id:candywrite:20161201230902j:plain

 

 

キューブカモノハシ

f:id:candywrite:20161201230958j:plain

 

 

キューブヒョウ

f:id:candywrite:20161201231128j:plain

 

 

キューブフクロウ 

f:id:candywrite:20161201231157j:plain

  

 

●動物武装

まずはキューブオクトパスの超動物武装です。

f:id:candywrite:20161201231242j:plain

f:id:candywrite:20161201231400j:plain

頭の付け位置をDXの付け位置よりも後ろにしてみました。

それによって顔面の迫力はDXに劣りますが、全体的なスタイリングはグッと良くなりました。 

スタイリングの良さはミニプラの特徴でもあるので、良い方向でDXと差別化できたかなと思います。 

 

続いてウエポンEXの動物武装です。

f:id:candywrite:20161201231322j:plain

大集合!(最後の記念撮影みたいになってしまいました)

もちろんジュウオウキングにもジュウオウワイルドにもトウサイジュウオーにもドデカイオーにも持たせることができます。

ウエポンEXは例年だったら拾われないようなラインナップですが、今年はしっかり商品化ができて本当によかったです。

本当に皆様に支えていただいたお陰です。

 

今回のレビューは以上です。

ご紹介した開発背景や細かい部分のこだわりを感じながら作っていただけると嬉しいです。

『動物合体シリーズ06 キューブオクトパス&ジュウオウキューブウエポンEX』12/6発売 です。

 

 

●エンディング

(ジュウオウジャーの主題歌を脳内で鳴らしながら)

これにてミニプラジュウオウジャーシリーズは幕引きでございます。 

ミニプラファンの皆様にはミニプラチーム一同、感謝してもしてもしきれない程感謝しております。

一年間ミニプラにお付き合いいただき、ミニプラを応援していただき、本当にありがとうございました。

今年、商品・ブログ・アンケート等、『ミニプラ』を通してミニプラファンの皆様とできた繋がりはジュウオウジャーの食玩シリーズが終わった後も大事にしていきたいと思っております。

それではまたどこかでお会いできる日を楽しみに…。

 

最後にずーーーっと言ってみたかった一言を言わせてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミニプラを、なめるなよ!!

 

 

 

 

 

一年間ありがとうございました(照)

 

 

N西

(C)2016 テレビ朝日・東映AG・東映

 

www.bandai.co.jp