読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンダイ キャンディ スタッフ BLOG

バンダイの食玩・お菓子・食品etc… “バンダイ キャンディ”の開発スタッフによる公式ブログです。開発担当者が交代で更新予定です。      ※このページでは、記載内容・商品等に関するお問い合わせは受け付けておりません。ご了承ください。

バンダイの食玩・お菓子・食品etc… “バンダイ キャンディ”の開発スタッフによる公式ブログです。

何故? 突然? 食玩? 【公式見解】 プラキット 戦闘メカ ザブングル発売!

今年も残すところあとわずか。

 

年の瀬にお届けするニュースは、
来年2016年に発売される ちょっと意外な商品についてのご紹介です。

 


きたる2016年!

1982年作品『戦闘メカ ザブングル』から
34年ぶりに、主人公メカ「ザブングル」と「ギャロップ」「トラッド11」が
プラキットとして復活します!! 

f:id:bandaicandy:20151224065109p:plain


なぜ今!? 

・・という疑問は ひとまず置いていただき、 
まずは、仕様と販売形態についてセルフQ&A方式で説明してまいります。


Q1 フィギュアなのか?
A1 組立プラキットです。素材は硬質のプラスチックです。

Q2 サイズは?
A2 WM時ザブングル全長 約125mm ギャロップ、トラッド11全長 約55mm (1/144相当)

Q3 変形するのか?
A3 パーツの組み換えで、各ビークル形態を再現することも可能です。

Q4 本当に食玩なのか?
A4 食玩です。ガムが付属します。

Q5 販売方式は
A5 店頭、WEB通販等で販売予定です。4種アソートBOXでの販売になります。

 


さらに詳しい仕様は、来年お伝えいたしますが、
本日は現在制作中の試作写真もご紹介いたします。
※製作中のモデルの為、製品仕様とは異なる点もございます。

 f:id:bandaicandy:20151224061446p:plain

画像1枚目は あの"立ち姿"イメージ。
モモからスネにかけてのラインも こだわりのポイントです。もちろん各関節可動します。

f:id:bandaicandy:20151224061724p:plain

頭部キャノピーはクリアパーツ製。
ザブングル本体は、青、白、赤、グレー、クリア、5種の成形色と一部シールで色分けされます。
素材はすべて硬質のプラスチック。(弾丸は弾き返せません!)

f:id:bandaicandy:20151224061605p:plain

パーツ組み換えでザブングル・カーをはじめ各形態を再現可能。

f:id:bandaicandy:20151224062039p:plain

ブングル・スキッパー、ブングル・ローバーのキャノピーもクリアパーツ製。

f:id:bandaicandy:20151224062306p:plain

ギャロップタイプ 劇中のムチッとした四肢の雰囲気も取り入れています。

f:id:bandaicandy:20151224062351p:plain

トラッド11タイプ 約55mmの小型サイズながら各部関節可動します。

ギャロップとトラッド11は、それぞれ2種の成形色(ダークグリーン/サンドカラー)が用意されます。

f:id:bandaicandy:20151224062441p:plain

各部オプションも充実。写真の武装の他、4連装バズーカやホバギーも立体化。
折れた翼の根元パーツも付属し、腕の前輪パーツを外せばジロン機も再現できます。

 

 

さて、なぜ今『戦闘メカ ザブングル』のキット? 

についてですが、

 


理由は、


担当の私が好きだからっ!!


という 約99%の理由を言ってしまうと 身も蓋もないのですが・・・

 

あえてお菓子付きキットであることについて ―――

 

かつて、

1978年のビッグワンガム(カバヤ食品さん)にはじまり、
1980年代のガンダムチョコスナック(森永製菓さん)
そして ダグラムガム、ボトムズガム(カバヤ食品さん)

 

・・と、お菓子売り場には、ラインナップ、クオリティともに
模型売場も驚く "お菓子付きプラキット" がありました。

 

そしで現在も続くバンダイの『ミニプラ』シリーズはじめ、
手軽に買えてそれ以上の満足度のある "お菓子付きプラキット" は、
時代とともに進化し続け、今も変わらず食玩の花形と言えます。

 

f:id:bandaicandy:20151224062722p:plain


『戦闘メカ ザブングル』は、80年代の傑作プラモデルシリーズをはじめ、
00年代の1/144ブラッカリィ、ドラン付きの「超合金魂」、
そして1/100 「R3ウォーカーギャリア」と 比較的立体化に恵まれた作品ですが、主役機「ザブングル」は、プラキットとしては未だリニューアルがされていませんでした。

 

放映時のプラモデルから30年以上たった今―
「ザブングル」を改めて今の技術と解釈でキット化してみたい!

という思いで企画を始めました。

 

食玩キットの身軽さだからこそできる企画ともいえるのですが、
作りは本格キットとなっております。

 

現在プレミアムバンダイで受注中の「ASSAULT KINGDOM クィン・マンサ」等も手掛けている設計スタッフの方々とともに構想・企画を進めています。

 

f:id:bandaicandy:20151224061818p:plain

もちろん、これは本格食玩キットシリーズの第一歩。
2016年、ザブングルだけでなく さらに驚きの企画が続きます!

 

今年も1年食玩をお楽しみいただきありがとうございます。
来年は、さらに  驚き、楽しい 食玩とそのニュースをお伝えできるよう取り組んでまいります。

 

みなさまよいお年を。

 

投稿者:  hiro 


(C)創通・サンライズ