バンダイ キャンディ スタッフ BLOG

バンダイの食玩・お菓子・食品etc… “バンダイ キャンディ”の開発スタッフによる公式ブログです。開発担当者が交代で更新予定です。      ※このページでは、記載内容・商品等に関するお問い合わせは受け付けておりません。ご了承ください。

バンダイの食玩・お菓子・食品etc… “バンダイ キャンディ”の開発スタッフによる公式ブログです。

【食玩ドラゴンボール開発ブログ】そろそろオラとやろうぜ!! ドラゴンボールアドバージ9&SP2&10!!!!


f:id:candywrite:20170615102519p:plain

そろそろオラとやろうぜ!!

 

たいへんご無沙汰しております!!

食玩ドラゴンボール企画開発担当のR平(アールへい)でございます。

 

皆様、『ドラゴンボール超 ブロリー』はご覧になられましたでしょうか…!!

私は既に二回見させて頂きました!! 

あくまで個人の感想ですが・・・、一ファンとして今まで見たドラゴンボールの映画で文句なしに一番熱狂したなというのが私の率直な感想です!!!

 

『これぞドラゴンボール!』という熱いバトルが、現代の最新技術を駆使したとてつもない映像美・スケールで描かれており、 この冬のゴジータ・ブロリー旋風は相当すごいことになりそうな予感がしております…!! 

 

ということで、我らがドラゴンボールアドバージにも最強サイヤ人が襲来!! 久々のブログなので、いつにも増しててんこ盛りでお届けいたします!!!!

 

【ドラゴンボールアドバージ9 MOVIE SPECIAL】

まずは間もなく発売となる最新弾【ドラゴンボールアドバージ9 MOVIE SPECIAL 】 を店頭に並ぶものと同様の最終サンプルにてご紹介致します!!

 

※尚、当ブログは事前に解禁済みの情報やキャラクターの紹介以外に、映画本編のストーリーに関わるネタバレの類は一切ございませんので、まだご覧になられていない方も安心してご覧いただければと思います!

 

孫悟空(防寒着ver.)

f:id:candywrite:20181217143647p:plain

f:id:candywrite:20181217143725p:plain


今回の舞台が氷の大地ということで、冬服に身を包んだ悟空をラインナップ! 顔、特に目の印象は今回の映画の作画を意識したものにしておりますので、従来の通常悟空との違いも楽しんで頂けたら嬉しいです!

 

 

ブロリー(超サイヤ人フルパワー)

f:id:candywrite:20181217142349p:plain

f:id:candywrite:20181217142414p:plain


懐かしいけど新しい…、今回の最大の敵・ブロリー!!

オススメのポイントはマッシブな筋肉の造形やブロリーならではの瞳が無い狂気の表情はもちろんなのですが、何といっても『MAXレベルのボリューム感』に尽きるかと思います…!

『ボリュームが凄い』というフレーズを当ブログでは都度言っている気がしないでもないのですが、過去私がボリュームが凄い!とご紹介した面々と比べてみましょう…!

 

f:id:candywrite:20181217141328p:plain

 

で…でかい…… なんてでかさだ…  (byクリリン)

髪のボリュームも相まって、過去のMAX級のキャラクターにもなんら遜色ないボリューム感となっております!! 

ちなみにアドバージ1弾の旧ブロリーと並べると、シリーズの歴史と担当の趣味の違いを感じますね、、、!! 

f:id:candywrite:20181217141553p:plain

f:id:candywrite:20181217141518p:plain

 

ブロリー(怒り)

f:id:candywrite:20181217142232p:plain

f:id:candywrite:20181217142302p:plain


事前情報や予告などでも特に目を引くのが、このブロリー(怒り)。

こちらも先ほどのフルパワーに匹敵するサイズ感でありますが、特にこだわったのが『目』!!

f:id:candywrite:20181217141245p:plain

我を忘れたような怒りを表現するために、マユゲやアイラインの角度・瞳と白目のバランスなどにはかなりこだわり、鬼気迫る怒りっぷりを再現できたかなと思っております! 

 

ベジータ(超サイヤ人ゴッド)

f:id:candywrite:20181217192417p:plain

f:id:candywrite:20181217192454p:plain

本作でめでたくゴッドのベジータが登場…!! 過去のベジータの造形を活かしつつも戦闘服のカラーリングなどリニューアルをかけ、しっかり今回の映画のベジータに仕上げております。

また、ゴッドの赤髪については、昨年のアドバージ5の悟空ゴッドよりもさらに深みのある赤にリニューアルをかけ、今回の映画劇中に近い印象を再現しました!!

 

ラディッツ(幼少期)&カカロット(幼少期)

f:id:candywrite:20181217162740p:plain

f:id:candywrite:20181217162814p:plain

f:id:candywrite:20181217162834p:plain

f:id:candywrite:20181217162927p:plain

f:id:candywrite:20181217162859p:plain


こちらはいつもの『アドバージっぽい枠』としてラインナップ致しました!!

実はラディッツの造形コンセプトは『ドラゴンチルドレン』を踏襲したものになっており、発売済のチルドレンたちとの並びっぷりもなかなかオススメとなっております!

 

また、今回の予告で印象的に差し込まれている赤ちゃん時代のカカロットは、アドバージ7のベエに次ぐアドバージ史上最小の人物フィギュアとなっておりますので、是非おうちでかわいがってあげてくださいませ・・・!!

f:id:candywrite:20181217175113p:plain

『成長しただろ、オラ?』


 

尚、ちょっとずつニュアンスと設定が異なりますので脳内補完をしつつにはなりますが、アドバージ7のバーダックと合わせてこんな感じで置くのもなかなかに胸熱かと思います。

f:id:candywrite:20181217141140p:plain

『カカロット・・・!!』


 ゴジータ(超サイヤ人ブルー)

f:id:candywrite:20181217192841p:plain

f:id:candywrite:20181217192742p:plain


今回の映画の最後にして最大のサプライズが彼の存在でした!!

悟空とベジータのフュージョンで生まれた奇跡の合体戦士!! フュージョン時のメタモル星人の衣装のカラーリングがちょこっとマイナーチェンジされているのも特徴ですね!!

 

是非ブロリーと合わせてサイヤ人の頂上対決をお手元で再現してあげてください・・・!!

f:id:candywrite:20181217142031p:plain

f:id:candywrite:20181217141949p:plain

ちなみに写真を撮る時は色々とエフェクトを活用してカッコいい写真を撮るのも楽しいです…!!

f:id:candywrite:20181217141858p:plain

f:id:candywrite:20181217141818p:plain

f:id:candywrite:20181217163107p:plain

 

ということで、映画登場キャラクターのみで構成された『ドラゴンボールアドバージ9 MOVIE SPECIAL』は12/24(月)発売!!

www.bandai.co.jp

さらに今回は初の試みとしてコンプリートセットも発売されますので、一撃コンプを狙われる方にはこちらもオススメです!!

f:id:candywrite:20181217192921p:plain

※商品仕様はセットも単品も変わりありません!

 

ドラゴンボールアドバージ9 MOVIE SPECIALは12月24日(月)発売予定!!!!

www.bandai.co.jp

皆様、映画共々アドバージ9をよろしくお願いいたします!!!!

 

【ドラゴンボールスタイリング!!】

そして!! 劇場版公開を記念して、食玩リアルフィギュアシリーズ『ドラゴンボールスタイリング』が久々の復活!!!!

5月に店頭発売予定の『ゴジータ』『ブロリー』に加えて、プレミアムバンダイ限定で『ベジータ(超サイヤ人ゴッド)』も登場!!!

現在好評受付中ですので、是非こちらも覗いていってくださいね!!!

 
 
 

 

 【ドラゴンボールアドバージSP2!!】

話をアドバージシリーズに戻しましょう!!

こちらも既に告知されているとおりですが、8月に好評を博したアンコール弾である『SP』シリーズの2弾も発売が決定しております!!

お陰様でアドバージも順調にラインナップを重ねており、皆様のお陰でなかなか存在感のあるシリーズに成長をすることができました。一方で、食玩は一度見逃すとゲットが大変…ということで、これまでのラインナップの中で好評を頂いたり、特に入手困難になってしまったキャラクターを一部リニューアルをかけて再収録をしております。

ラインナップはこちら!

f:id:candywrite:20181214114819p:plain


『ドラゴンボールアドバージ3』より、『ゴテンクス(超サイヤ人)』『魔人ブウ(悪)』!!

 

『ドラゴンボールアドバージ4』より、『孫悟空(超サイヤ人ブルー)』『ゴクウブラック(超サイヤ人ロゼ)』『ゴールデンフリーザ』!!

 

『ドラゴンボールアドバージ5』より、『孫悟空(超サイヤ人ゴッド)』『アルティメット悟飯』!!

 

『ドラゴンボールアドバージ7』より、『孫悟空(超サイヤ人4)』!!

 

と、四つの弾からバランスよくラインナップ!!

今回はその中でもリニューアルをかけたキャラクターをご紹介します!!

 

孫悟空(超サイヤ人ゴッド)

f:id:candywrite:20181217193101p:plain

f:id:candywrite:20181217193127p:plain


ゴッドの悟空は髪の色を濃いめにリニューアルしております。もちろん5のゴッドも自信をもってお送りしておりますが、オーラの纏い方やシチュエーションによって見た目の印象も少し異なりますので、今回はこちらにしてみた、というところです!

f:id:candywrite:20181217195906p:plain

 

まだお持ちでない方は是非『9』のブロリーやベジータと並べて頂ければと思います!

f:id:candywrite:20181217193156p:plain

f:id:candywrite:20181217193227p:plain

 

 

ゴテンクス(超サイヤ人)

f:id:candywrite:20181217193304p:plain

f:id:candywrite:20181217193333p:plain


こちらは『SP1』のベジットと同様、仕様リニューアルをした『4』以前のキャラクターの再収録になりますので、形状は全く変わりませんが、髪の色やアイラインを今のテイストに変更しております!!

また、この後ご紹介します『アドバージ10』では『魔人ブウ編』のキャラクターを分厚く収録しておりますので、SP2の魔人ブウ(悪)、アルティメット悟飯などと合わせ、是非10共々お楽しみ頂ければ幸いです!!

 

パッケージはSP1を踏襲した、黒を基調にした特別パッケージとなっております!!

f:id:candywrite:20181214115051p:plain

超サイヤ人ブルーや4の悟空なども再収録されており、ここからコレクションを開始するにもうってつけのアイテムとなっておりますので、『アドバージちょっと気になる…!!』という方に手に取って頂くキッカケになれば感無量です…!!

www.bandai.co.jp

 

 【ドラゴンボールアドバージ10!!!!】

毎度情報量が非常に多いのが当ブログの特徴となっておりますが、本日もまだ終わりません…!!

 こちらも既に情報公開済みですが、2019年3月、ついにドラゴンボールアドバージシリーズのナンバリング弾が10弾を迎えます!!

実際にはチルドレン弾、スーパードラゴンボールヒーローズコラボ弾、SP弾なども加えるともっともっとやっているのですが、10弾というのは、やはり一つの到達点としてなかなか感慨深いものがあります。ここまで来れたのはアドバージを楽しんで下さっているドラゴンボールファンの皆様のお陰です。

皆様、本当に本当にありがとうございます!!!

では!記念すべき第10弾のラインナップの秘密を改めてそっとはなくそう!!

 

 

f:id:candywrite:20181214125807p:plain

超サイヤ人ブロリー

『9』に収録のフルパワーと怒りの中間に位置する存在! フルパワー手前ではありますが、迫力は十分!! 『9』と合わせてブロリーの各形態を是非並べてあげてください!!

 

f:id:candywrite:20181217200221p:plain

 

 

f:id:candywrite:20181214130525p:plain

『私を投げ飛ばしなさいッッ!!!』

フリーザ(最終形態)

こちらは『力の大会』参加時のフリーザイメージで天使の輪が付属しておりますが、もちろん着脱可能となっておりますので、今回の映画や過去のフリーザなど、お好きなシチュエーションと組み合わせで楽しんで頂ければと思います!!

 

f:id:candywrite:20181214160750p:plain個人的にはSPの激戦ver.の悟空、アドバージ6の17号あたりと並べて頂くとたいへん胸熱でよろしいかと・・・!

 

 

 

f:id:candywrite:20181214130037p:plain

『・・・これが超サイヤ人3だ 時間がかかってすまなかったな』

孫悟空(超サイヤ人3)

ついに超サイヤ人3がアドバージで立体化!! 悟空については、少年時代、青年通常時、界王拳、超サイヤ人、GT通常時、GT超サイヤ人、超サイヤ人4、超サイヤ人ゴッド、超サイヤ人ブルー、身勝手の極意、激戦ver.、そして今回の超サイヤ人3と、様々な形態を大分網羅するところまで来ました!!

初登場時のイメージで天使の輪が付属しておりますので、アドバージ7の善ブウと並べるもよし、輪っかを外してアドバージ6のジャネンバと並べるもよし、イマジネーションで龍拳を爆発させるもよしです!

 

 


f:id:candywrite:20181214125928p:plain

『ハハア~~~~ッ』

魔人ブウ(純粋)

原作の最後の敵でもある魔人ブウ(純粋)が遂に登場!!

まだ吸収態などの形態もいるにはいるのですが、ひとまずこれで善、悪、純粋とブウの主だった形態は網羅することができました!! 今回は(純粋)らしい、首を傾げた邪悪な笑顔で立体化!! アドバージ7のサタンと並べて気迫パワーのシーンを再現するのもオススメです。

   

 

f:id:candywrite:20181214130243p:plain

『わたしは正義を愛する者グレートサイヤマンだ!!!』

グレートサイヤマン(ヘルメットver.)

f:id:candywrite:20181214130418p:plain

『どお?トランクスくん! かっこいいだろー!』(ノーコメント・・・・・・)

グレートサイヤマン(サングラスver.)

アドバージらしい枠としてグレートサイヤマンを二種一挙ラインナップ!!!

ヘルメットver.の方は『超』でも映画に出演したりと活躍しておりましたね! アドバージはR平とY子という二人で担当しているのですが、グレートサイヤマンの立体化を決める際には、「メットとサングラスどちらが人気なのか?」「 いや、頭部を差し替えでよいのではないか?」 など、色々と意見が出たのですが、『だったらどっちも作ればいいだけではないか?』という非常にシンプルな結論に至りました。

皆さんはサタンシティの平和を守っていた、よりヒーロー然とした見た目のヘルメットver.と、天下一武道会で活躍したサングラスver.とどちらがお好きですか? R平は悩んでみたものの、どちらも好きでした(笑)

 

f:id:candywrite:20181214130616p:plain

『オレひとり地獄にはいかん・・・・・・ てめえらみんな道連れにしてやる』

魔人ベジータ

悟空に追いつくため、自らバビディに支配されたベジータ。冷酷なサイヤ人に一時的に戻ったかに見えましたが、仲間と家族を思いやり臨んだ魔人ブウとの戦いはハンカチ必須です、、、! 特徴である太くなったアイラインもしっかり再現できており、アドバージシリーズの歴代ベジータの中でもトップクラスにカッコよいものに出来ていると自負しております!!!!

www.bandai.co.jp

ということで、てんこもりの記事内容でした。

9、SP2、10を通して今回の劇場版と魔人ブウ編のキャラクターを分厚目にラインナップしておりますので、是非お見逃しなく・・・!!!!

また、年明け以降もアドバージ周りで新しいチャレンジをいくつか仕込んでおりますので、引き続きドラゴンボールアドバージにご期待頂ければ幸いです!!



今後も不定期で更新をして参りますので、

次の更新時もぜってぇ見てくれよな!!

 

 R平

 

追伸

今回は久々のブログ更新になってしまったのですが、なんと非常にありがたいことに当ブログの更新を望む声をちらほらと頂き、たいへん感動致しました・・・。

食玩のドラゴンボールシリーズはR平とY子という二人で担当しているのですが、二人で『色紙アート』・『超戦士シール』などカッコいい商品をお届けして参りますので、引き続き食玩ドラゴンボールにご期待ください!!

 

www.bandai.co.jp

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

©バードスタジオ/集英社

©「2018 ドラゴンボール超」製作委員会

 

ガンダムコンバージ♯13遂に発売です!!

 

2018年も残りわずかとなりましたね。そんな中・・・

GUNDAM CONVERGE#13が本日12月17日に発売となりました!

 f:id:candywrite:20181214152108j:plain

今回は、シリーズでは今年最後のリリースとなるGUNDAM COVNVERGE #13をご紹介させていただきます!

 

まずはクロスボーン・ガンダムX1!

f:id:candywrite:20181214152433j:plain

説明不要かと思いますが、人気コミック『機動戦士クロスボーン・ガンダム』に登場した機体です。

劇中ではシーブックことキンケドゥが搭乗する機体として話題になりました。

海賊をモチーフとした独特な機体フォルムをCONVERGE#のアレンジによって、ハイディテールかつスタイリッシュに造形しました。

f:id:candywrite:20181214152740j:plain

側頭部の特徴的なラインも緻密なモールドで再現。

f:id:candywrite:20181214152808j:plain

クロスボーン・ガンダムの特徴でもあるX型に展開する4基の背部スラスターもメタリック塗装を交えてハイディテールに造形。

f:id:candywrite:20181214152826j:plain

ビーム・ザンバーはメタリックピンクの塗装が施され、迫力のサイズで造形。f:id:candywrite:20181214152857j:plain武装はビーム・ザンバー以外にザンバスターが付属。f:id:candywrite:20181214152920j:plain

こちらも細部にわたってディテールが施されます。

 

続くは、クロスボーン・ガンダムX2改!

f:id:candywrite:20181214152943j:plain

先のX1と同じく『機動戦士クロスボーン・ガンダム』に登場する機体です。f:id:candywrite:20181214152959j:plain

頭部のアップです。額のアンテナ先端などX1との差異が見て取れます。

背部スラスターも先端部はX2改の特徴的なフォルムを再現しております。f:id:candywrite:20181214153101j:plain

背部スラスターもX1同様、メタリック塗装に加えX2改の特徴的な深みのあるパープルで再現。f:id:candywrite:20181214153124j:plain

X2改の特徴的な武装、バスターランチャーもサイズ感を損なわないボリュームにて立体化。

先端部の複雑なディテールもこのサイズで可能な限り再現しております。

 

なお、すでに受注は終了しておりますが、

プレミアムバンダイにて2019年1月発送予定のFW GUNDAM CONVERGE:CORE クロスボーン・ガンダムX3にX1、X2改が装着することができるA.B.C.マントが付属しています。

f:id:candywrite:20181214153153j:plain

予約済みの方は、この機会にX1、X2を入手していただき、X3の到着をお待ちください!

  

そして、2018年11月30日から絶賛劇場公開中の『機動戦士ガンダムNT』よりシナンジュ・スタイン(ナラティブver.)!

f:id:candywrite:20181214153221j:plain

劇中での印象が記憶に新しいナラティブver.のシナンジュ・スタインになります。

流線型のフォルムであるシナンジュに対し、エッジの立った直線的なフォルムが印象的です。

また、フル・フロンタルが搭乗したとされるシナンジュ・スタインと違い、胸部をはじめとして各部に『袖付き』の意匠が見て取れます。f:id:candywrite:20181214153311j:plain

大型火器であるハイ・ビーム・ライフル。

そのボリュームもさることながら、グリップ周りのディテールにも注目してください。

f:id:candywrite:20181214153337j:plain

シナンジュとは打って変わって、スタイン独特の直線的なシールドには、ネオ・ジオンマークがタンポでプリントされます。

 

 

そして、『機動戦士ガンダムMSV』より、フルーアーマーガンダム!!

f:id:candywrite:20181214153401j:plain

ガンダムを包むべく、渋く落ち着いたグリーンを基調としたアーマーがCONVERGEフォーマットに転嫁されました。f:id:candywrite:20181214153423j:plain

全身を包むアーマーは、各部ハイディテールなモールドが刻み込まれます。f:id:candywrite:20181214153444j:plain

主兵装である2連装ビーム・ライフル。

砲身のメタリック塗装がシールド部のグリーンと相まって、兵器としての魅力をひきだしていますね。f:id:candywrite:20181214153507j:plain

背部右側に装備された360ミリロケット砲。

こちらも砲身に渡るまで細部に施されたディテールに注目です!

なお、接続基部でわずかながら可動させることができます。

 

次は、『新機動戦記ガンダムW Endless Walts』より、トールギスⅢ!!

f:id:candywrite:20181214153540j:plain

前弾のガンダムサンドロック改(EW版)にてEndless Waltsメインのガンダム5機はコンプリートされましたが、

やはり開発サイドとしては人気機体であるトールギスⅢをもってコンプリート!とさせていただきたいところです!

劇中では『火消しの風ウインド』ことゼクスが搭乗して鮮烈な印象を残しました。

f:id:candywrite:20181214153602j:plain

トールギスⅢといえば、右肩のメガキャノン。劇中通りのサイズ感で立体化し、そのサイズに見合ったディテールが砲身に至るまで施されます。f:id:candywrite:20181214153655j:plain

左肩には専用シールド。

本編ではシールド先端からヒートロッドが展開するこちらも印象的な武装です。

  

ラストは、『機動戦士ガンダム』より、ドム!

f:id:candywrite:20181214153716j:plain

説明不要、『黒い三連星』が搭乗したジオン公国軍の重MSとなります。

特筆すべきはその重量感!他のラインナップと比べるとずっしりくる個体となっています。f:id:candywrite:20181214153733j:plain

背面にはヒート・サーベルをマウント。f:id:candywrite:20181214153750j:plain

そして、ドムの武装といえば、やはりジャイアント・バズをおいて他にありませんね。

こちらもディズプレイ時に台座から大きくはみ出るボリューム感での立体化となります。f:id:candywrite:20181214153814j:plain

本体細部でご紹介しておきたいのが、スカート内のバーニア。

設定通り3基のバーニアがメタリック塗装で再現されております。

 

ご紹介は以上となります!!

 

さて今回もお付き合いありがとうございます!

ご紹介しましたGUNDAM CONVERGE#13!!

全6種、5作品からの多種多様なラインナップになっております!

ぜひ皆様、手にとってそのクオリティを感じていただければと思います!

ご閲覧ありがとうございました。

 

www.bandai.co.jp

 

【ジオウ食玩WATCHER vol.18】発売直前 装動RIDE4!! 「プリーズ!!」魔法使いのアーマーが遂に参戦!!

f:id:candywrite:20180817083557p:plain 
皆さま、こんにちは!!

仮面ライダージオウ食玩企画開発担当のD男(ディーお)です!!

最近一気に寒くなってきましたね、、、。思えば今年も残すところあと僅か!!【ジオウ食玩WATCHER】の年内の更新も本日を含めあと2回となりました。年内にお伝えできる内容は残り2回で全てお伝え致しますので、引き続きお見逃しなくチェックして頂けると嬉しいです!!

 

 

それでは早速参りましょう!!

まずは発売が明日に迫りましたこの商品から!!

 

発売直前!! 装動 仮面ライダージオウRIDE4!!

 
装動RIDE4も注目のアーマーが目白押しでございます!!
 
収録ラインナップはこちらの 8種類!!
 f:id:candywrite:20181128161025j:plain

 RIDE4のラインナップもRIDE3に続き、バラエティに富んでいますね!!

 

それでは早速、装動RIDE4にて再現可能な組み合わせを見て参りましょう!!

 

⓵オーズアーマーAセット+②オーズアーマーBセット+③仮面ライダージオウ(ノーマル)【アクションボディセット】

f:id:candywrite:20181107142616j:plain

仮面ライダージオウ オーズアーマー

 

オーズアーマーはRIDE3のフォーゼアーマーと同様に、2ラインナップに分割した大ボリュームのクロスアーマー!!

オーズアーマー特有のアニマル状態への変形も、装動オリジナルの仕様で再現可能でございます!!

タカ状態!!

f:id:candywrite:20181107144635j:plain

トラ状態!!

f:id:candywrite:20181107144653j:plain

バッタ状態!!

f:id:candywrite:20181107144656j:plain

 

③仮面ライダージオウ(ノーマル)【アクションボディセット】には、ジオウの決めポーズ再現用の「指さし状態の換装パーツ(右手)が付属致しますので、こちらもお見逃しなく!!

f:id:candywrite:20181107144312j:plain

※画像はRIDE1の仮面ライダージオウ【クロスアーマーセット】と合わせて撮影したものです。

 

④クウガアーマーセット+⑧アーマーチェンジ用 仮面ライダージオウ【アクションボディセット】

f:id:candywrite:20181128152618j:plain

仮面ライダージオウ クウガアーマー

 

⑤カブトアーマーセット+⑧アーマーチェンジ用 仮面ライダージオウ【アクションボディセット】

f:id:candywrite:20181114164011j:plain

仮面ライダージオウ カブトアーマー

 

⑥ブレイドアーマーセット+⑧アーマーチェンジ用 仮面ライダージオウ【アクションボディセット】

f:id:candywrite:20181114155356j:plain

仮面ライダージオウ ブレイドアーマー

 

⑦キバアーマーセット+⑧アーマーチェンジ用 仮面ライダージオウ【アクションボディセット】

f:id:candywrite:20181121201351j:plain

仮面ライダージオウ キバアーマー

 

装動RIDE4内ではご覧頂いた全5種のアーマー状態が再現可能でございます。各アーマーの詳細は【ジオウ食玩WATCHER】のバックナンバーよりご覧頂けますので是非ご覧ください!!

bandaicandy.hateblo.jp

bandaicandy.hateblo.jp

bandaicandy.hateblo.jp

 

bandaicandy.hateblo.jp

 

 

 

お菓子売り場での目印はこちらのPKG!!

 

f:id:candywrite:20181212112703j:plain

 

全8種がオールインワンになったセット品もご用意しておりますので、一気に揃えられたい方はセット品でのご購入もオススメでございます!!

 

装動 仮面ライダージオウRIDE4は、12月17日(月)発売!! 宜しくお願い致します!!

 

 

続いてはこちらのコーナー!!

 

f:id:candywrite:20180817083908p:plain

 

装動RIDE5のラインナップ続報!!

本日は装動RIDE5に収録のラインナップ続報をお伝え致します!! 本日ご紹介するのは以前ぼかし画像にてチラ見せしていた「あのアーマー」!!

 
f:id:candywrite:20181212160649j:plain

「悪いが、もうこれ以上その力は使わせない。」
f:id:candywrite:20181212160852j:plain

アーマータイム!!f:id:candywrite:20181212161005j:plain
f:id:candywrite:20181212160930j:plain

プリーズ!!f:id:candywrite:20181212161045j:plain

ウィザ~ド!!

f:id:candywrite:20181212161140j:plain

f:id:candywrite:20181212161319j:plain

仮面ライダーゲイツ ウィザードアーマー!!!!!

仮面ライダーゲイツが「仮面ライダーウィザード」の力を宿したウイザードライドウォッチを使用し、アーマーチェンジした姿!! 第8話「ビューティ&ビースト2012」にて初登場しましたね!!

皆様、大変お待たせ致しました、、、。 RIDE5にて「ウイザードアーマー」が初登場です!!

 

それでは早速ウィザードアーマーの注目ポイントを確認致しましょう!!

まず目を引くのは両肩のウィザードリングかと思うのですが、今回注目して頂きたいのは、

 

背中の魔法陣パーツ!!!!!!
f:id:candywrite:20181212161842j:plain

腰のマントパーツ!!!!!!

f:id:candywrite:20181212162124j:plain

の2点でございます!!

これらは「装動 仮面ライダージオウシリーズ」では初めて導入した仕様でございます。

背中の魔法陣パーツと腰のマントパーツはそれぞれ別パーツで構成されておりますので、

 f:id:candywrite:20181212163518j:plain

このように、アクションボディに装着することでウィザードアーマーが完成致します。

 

因みに魔法陣パーツは、

f:id:candywrite:20181212162625j:plain

分割パーツになっておりますので、、、、

大きく展開させたり、
f:id:candywrite:20181212162717j:plain

魔法陣をなびかせたり!!
f:id:candywrite:20181212162837j:plain
といったように、ポージングを大胆に表情付けすることができます!!

腰のマントパーツも開閉できますので、こちらもご活用ください!!

 

 

付属のジクウドライバーは「ウイザードアーマー」専用造形となっております!!f:id:candywrite:20181212163755j:plain

f:id:candywrite:20181212163716j:plain


また、お察しの方もいらっしゃると思いますが、「ウィザードアーマー」の可動素体にはノーマル状態の「仮面ライダーゲイツ【アクションボディセット】」を使用致します!!

ジオウで言う、フォーゼ・オーズと同じパターンとなりますので、ご注意ください!!

f:id:candywrite:20181212164132j:plain

 

ということで、RIDE5も『仮面ライダーゲイツ(ノーマル)【アクションボディセット】』を収録!!

尚、今回の『仮面ライダーゲイツ(ノーマル)【アクションボディセット】』も単なる再録ではございません!!

 

ドン!!

 

開き手パーツを完全新規造形!!

f:id:candywrite:20181212164315j:plain

 こちらの開き手を使用すると、

f:id:candywrite:20181212164455j:plain

より「ウイザードらしい」ポージングが再現可能でございます!!

 

f:id:candywrite:20181212164623j:plain

通常のゲイツと組み合わせて「チョップ」のポージングなんかをさせるのもオススメでございます!!
RIDE5には新規の開き手パーツが収録になるため、通常の開き手パーツは収録されておりませんので、通常の開き手パーツを使用されたい方はRIDE1の「仮面ライダーゲイツ【アクションボディセット】」に収録のパーツをご使用下さいませ。

開き手パーツはジオウ・ゲイツでちょっとしたマイナーチェンジをしておりますので、集め続けて頂くことでポージングの幅がどんどん広がっていきます!

ささやかではありますが、この辺もジオウ装動のこだわりポイントだったりしますので、引き続きご期待くださいませ!

 

それでは最後に「仮面ライダーゲイツ ウィザードアーマー」の画像を見て参りましょう!!

※撮影には装動RIDE1「仮面ライダーゲイツ【アクションボディセット】」の開き手パーツも使用しております。


f:id:candywrite:20181212165058j:plainf:id:candywrite:20181212165125j:plainf:id:candywrite:20181212165025j:plainf:id:candywrite:20181212165507j:plain
f:id:candywrite:20181212165456j:plain
f:id:candywrite:20181212165427j:plainf:id:candywrite:20181212165606j:plain

 

アナザーウィザードとの対決時には「ジカンザックス おのモード」を使用しておりましたので、発売済みのRIDE2にラインナップのものを使用してみましょう!!

f:id:candywrite:20181212170839j:plainf:id:candywrite:20181212170929j:plain
f:id:candywrite:20181212171002j:plain

※撮影画像は『RIDE1』『RIDE5』のアクションボディを併用しております。

 

本日ご紹介させて頂いたラインナップはこちら!!

f:id:candywrite:20181212171057j:plain

ちょっぴりお待たせしてしまった分、そこそこ無理もしつつ2箱完成にて非常にボリューム感のある充実のセット内容にできておりますので、発売をお待ち頂ければと思います!! 

 

 

【宣言します!!】

 

さて、気が付けば装動ジオウシリーズも4弾の発売が目前ですが、ご存知の通りRIDE3からは、劇中での登場が確認できていない平成ライダーアーマーも続々と商品化してきており、ラインナップがどんどんと充実しております。

既にお察し頂いている方もいらっしゃるかもしれませんが、、、

 

ここで一つ宣言をさせて頂きます。

装動 仮面ライダージオウシリーズは【平成仮面ライダー主役19ライダーのアーマーを全て立体化!!!!!!】致します!!

 

ライダーによって、それぞれジオウ用・ゲイツ用・兼用とございますが、いずれかの形でしっかり平成19ライダーアーマーを補完します! 

実は、当ブログにてしっかりご紹介できていないアーマーは、以前の当ブログでシルエットのみチラ見せした『鎧武』と、完全未発表の『アギト』『響鬼』

そして『W』を残すのみとなっております。

ということで、ご紹介は先になってしまうのですが、「アギトアーマー」「響鬼アーマー」「Wアーマーも装動RIDE6での収録が決定しております!!

早く紹介したい…笑

 

これで平成20作品目である「仮面ライダージオウ」と「仮面ライダーゲイツ」の2人がアーマーチェンジした姿でありますが、平成20作品の仮面ライダーの並びをお手元で再現することが可能ですので楽しみにして頂けると嬉しいです!!

 

 

 

そしてそれに付随して、お伝えしなければならないことがもう一つ!!

f:id:candywrite:20181212102914j:plain

RIDE1より毎弾収録してきました『アーマーチェンジ用 仮面ライダージオウ【アクションボディセット】』ですが、RIDE4の収録が最後になります!!

後弾にて収録予定の「アギトアーマー」、「響鬼アーマー」を完成させるには『アーマーチェンジ用 仮面ライダージオウ【アクションボディセット】』が必要になりますので、複数並び立たせて遊ばれたい方は今のうちにRIDE1~4に収録のものを抑えておいて頂けますと幸いです。

 

ここまで毎弾の収録をしてきたのですが、既に複数ご購入頂いている方もいらっしゃったり、毎弾再録をすることで、各弾でより多くのキャラクターを収録していくための『枠』が自ずと一つ消費されてしまうことも総合的に考えて、このようにさせて頂きました。

ひとまず、当ブログをご覧の皆さんに先にお伝えさせて頂いた次第でございます!

 

 

RIDE4はアーマーチェンジ用のジオウの【アクションボディ】を複数買いをして頂ける最後のチャンスとなっておりますのでお見逃しなく!!

 

 

さて、本日は一つ宣言をさせて頂きましたが、『ここまではもう織り込み済みだろう』と思われていた方も沢山いらっしゃると思います!

これはほんの序の口…! この後にもいくつかトピックスを仕込んでおりますので、引き続き当ブログをチェックして頂けますと幸いです!!

 

では本日はここまで!!

次回、年内最後のブログは「花道でオンパレード」なトピックスをお伝えして参ります!!

12/23(日)の更新をお楽しみに!!

 

ジオウ開発担当 D男

 

【仮面ライダージオウ食玩 発売スケジュール】         

 

12/17  装動 仮面ライダージオウRIDE4

      装動 仮面ライダージオウRIDE4セット

 

■【ジオウ食玩WATCHER】のバックナンバーはこちら!

 f:id:bandaicandy:20181012110011j:plain

■仮面ライダー食玩の最新情報はココ!

f:id:candywrite:20180730151830j:plain

■「創動」シリーズはココもチェック!

f:id:bandaicandy:20170831103218j:plain

(C)2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

 

【受注締切迫る!】スーパーミニプラ 真(チェンジ!!)ゲッター3弾 製品サンプル公開

f:id:candywrite:20181213084913j:plain先日最終弾の受注を開始した「SMP真ゲッターシリーズ」。企画当初の宣言通り全10種をコンプリートです。まもなく3弾の受注が締め切りを迎えるので、最新の工場サンプルにて仕様を改めてご紹介します。

 パッケージ

パッケージの正面はゲッタードラゴンを中央に、『ゲッターロボG』の3機体が並び立ちます。PB限定アイテムなので、1つの箱に全セット&ガム1個をまとめて梱包しています。

f:id:candywrite:20181212104812j:plain
f:id:candywrite:20181212104815j:plain

●サイズf:id:candywrite:20181207180510j:plainf:id:candywrite:20181212105025j:plain3機が並んだ時に「ゲッタードラゴン」の頭頂までの高さ約105mmを基準に、「ライガー」は頭一つ分高く、「ポセイドン」は設定よりは大きいものの頭一つ分小さい仕上がりになっています。今回シールは付属せず、表情パーツを中心に色の再現は彩色により再現しています!

●商品紹介: ゲッターライガー

f:id:candywrite:20181212105110j:plain
f:id:candywrite:20181212105112j:plain

全身のフォルムは細身ではありつつも、関節の軸はある程度の太さと渋みをつけているのでダイナミックなアクションポーズの再現にも耐えうります。f:id:candywrite:20181212105204j:plain

f:id:candywrite:20181212105412j:plain
f:id:candywrite:20181212105408j:plain

胸部と腰のボールジョイントによる可動域が広く、アクション再現にかかせない「ひねり」「前屈」の姿勢もなんなくとれます。

f:id:candywrite:20181212105548j:plain
f:id:candywrite:20181212105546j:plain

さらに股関節、膝裏、足首と全身に余すことなく可動機構を搭載。接地性も高く、大きな開脚のアクションも再現できます。

f:id:candywrite:20181212124414j:plain
f:id:candywrite:20181212124411j:plain「ライガーミサイル」「ドリルアーム」パーツが付属するので、形状や設定は異なるものの旧アニメ版や「メタルビーストライガー」のイメージも再現ができます。さらにドリルもミサイル共に左右どちらの腕にも交換可能です!

 

●商品紹介: ゲッターポセイドン

f:id:candywrite:20181212124530j:plain
f:id:candywrite:20181212124533j:plain

「ライガー」とは打って変わってマッシブなフォルムの「ポセイドン」。劇中のボディバランスのイメージを忠実に再現しつつも、ミサイルでの攻撃など派手なアクションを再現するための細かい可動機構を随所に搭載しています。

f:id:candywrite:20181212124544j:plain
f:id:candywrite:20181212124546j:plain

特に膝、足首、股関節の可動域はよく動きます。どんなポージングにも適応する引き出し式の接地性の高い足首機構は要チェックです!

「ゲッターサイクロン!!」

f:id:candywrite:20181212124536j:plain

f:id:candywrite:20181212124540j:plain
f:id:candywrite:20181212124542j:plain

劇中登場する「メタルビーストポセイドン」の仕様も網羅しており、胸のハッチの開閉、背中のミサイルの左右への可動機構を搭載しています。「フィンガーネット」用パーツはないのですが、力のこもった手首パーツが付属しますので、ポーズ再現にて活用ください!

f:id:candywrite:20181212124549j:plain

f:id:candywrite:20181212124551j:plain

 

●商品紹介: 真ゲッター用 ゲッタートマホーク

また本商品には1月発売予定の「スーパーミニプラ 真(チェンジ!!)ゲッターロボVol.2」にラインナップされている「真ゲッター」専用の巨大武器「ゲッタートマホーク」が同梱。2弾の商品に付属する「ゲッターサイト」から柄の部分をさらに長くし、劇中ダイナミックに扱う巨大斧をビッグに再現しています。

f:id:candywrite:20181212170102j:plain
f:id:candywrite:20181212170059j:plain

「シンプル」且つ「よく動く」、「古いけどカッコイイ」そんなゲッターならではの格好良さと機構を追求し、シリーズもコンプリートすることができました。最終弾はまだ受注中ですが「ライガー&ポセイドン」の受注締切は間近です。この機会をお見逃しなく!!f:id:candywrite:20181212170104j:plain

 予約受付終了:12月13日(木)23時予定

 「SMP真(チェンジ!!)ゲッターシリーズ Vol.3」

 

ご予約受付中!

 「SMP真(チェンジ!!)ゲッターシリーズ Vol.4」

 

 

(C)1998 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・「真ゲッターロボ」製作委員会

担当:TA